複合材料

軽量・強靭で豊富な特性を備えた複合材料が、さまざまなタイプの製造業で人気を集めています。航空宇宙および自動車産業でよく使われている炭素繊維(CFRP)などの複合材料は、エネルギー、スポーツ、建設、海上などの分野にも応用範囲を広げています。しかし、その複合特性のため、正確なシミュレーションが困難です。

ANSYSは、この課題の克服に役立つ完全なツール群を提供しています。その中心が、複合材の層状モデリングおよび障害解析のための専用ツール、ANSYS Composite PrepPost(ACP)です。暗黙的および明示的な構造/熱シミュレーションおよび流体シミュレーション用に、複数のレイヤーからなる複合材モデルを生成することが可能です。ACPは、効率的な層状モデリング機能と、クラス最高のソリッド要素モデリング機能を提供します。このプラットフォームでは、さまざまな方法でモデル情報を交換できます。ベンダーに依存しないHDF5複合CAEファイル形式をサポートしているため、サードパーティ製ツールとのやり取りが可能です。複合材構造のモデリング以外にも、ANSYS Composite Cure Simulation(ACCS)を使用して硬化製造プロセスのシミュレーションを実行できます。部品の硬化プロセスをシミュレーションし、残留応力や、プロセスによって誘発される歪みを予測するのに役立ちます。

Composite Materials