ANSYS nCode DesignLife Capabilities

使いやすさ

形状から解析、完了した疲労調査への直接結合を利用することによって、開発プロセスを加速させ、ワールドクラスの製品を提供できます。パラメータ解析では、マウスをクリックするだけで、一連の設計バリエーションに対する完全な解析結果が生成されます。このワークフロープロセスを使用し、パラメータシミュレーションを実行すると、複雑な構造の所定の製品寿命を最適化し、貴重なエンジニアリング/設計時間を節約することができます。ANSYS Workbenchに統合されたDesignXplorerを利用すると、疲労寿命の最適化を簡単に設定できます。

Ease of Use


大規模な疲労材料ライブラリ

疲労モデル化では、材料データに大きく依存して、寿命と寿命までの構成要素の損傷を予測します。ANSYS nCode DesignLifeには、広範な金属を網羅した包括的な材料ライブラリが付属しています。アルミニウム、スチール、チタニウム、銅、および鋳鉄は、標準導入の一部として含まれています。原材料の回転、鍛造、鋳造を考慮して、多くの材料に特性のバリエーションが含まれています。

珍しい材料や最近テストされた材料をシミュレーションに含める場合は、オプションのプレミアム材料ライブラリもご利用いただけます。

Extensive Fatigue Material Library


最新の疲労モデル化機能

低サイクル疲労解析用の歪み寿命に基づく方式、または高サイクル疲労用の応力寿命方式のいずれかを使用して、疲労寿命と疲労損傷を計算すると、個々の荷重シナリオを超えた荷重条件下で、パーツやアセンブリがどのように挙動するかを理解できます。

Dang Van基準を使用して、臨界粒子内の微視応力と歪みを考慮し、安全性ファクターとして疲労限度を計算することもできます。

ANSYS nCode DesignLifeでは、非比例と2軸比率を計算し、計算実行時に使用する最善のメソッドを選択します。

ホットスポット検知によって、臨界領域が自動的に特定されるため、問題領域をクローズアップして、破壊の原因を素早く突き止め、修正を実行することができます。

シーム溶接をモデル化できます。また、フィレット、オーバーラップ、およびレーザー溶接の接合部を含め、疲労寿命を正確に計算できます。この方式は溶接の先端、根本、のど厚の破壊に最適です。

ANSYS nCode DesignLifeでは、テストや材料の較正に使用できる、仮想振動台テスト環境のシミュレーションも可能です。

業界標準の破壊基準でANSYS nCode DesignLifeを利用すると、複合材料も解析できます。

以下に対しても適用できます
振動疲労
熱機械疲労

State-of-the-art Fatigue Modeling Capabilities