ANSYS DesignSpace

ANSYS DesignSpace

ANSYS DesignSpaceは、上位レベルのツールと同じ環境で、広く利用されている検証済みのANSYS Mechanicalソルバーを利用したいと考えるエンジニア/設計者向けの、試行錯誤型構造解析ソリューションです。DesignSpaceユーザーは、同じ直観型の強力なツールで、迅速に設定、解決、ポスト処理を行うことができます。ツリー方式の環境が有意義なフィードバックの得られる上から下への論理的なワークフローを提供し、利用頻度の低いユーザーでも、高い生産性を達成できます。.

構造解析
構造解析、熱解析、モーダル解析により、広範な荷重を現実のシナリオが的確に表されるように組み合わせて調べることができます。熱結果を構造解析に適用すると、熱膨張のシナリオを調べることができます。同様に、構造解析の応力状態を用いると、事前応力モーダル解析のシミュレーションを行い、パーツやアセンブリの固有振動周波数を突き止めることができます。

自動接触
複数のパーツからなるモデルを設定するには、これらのパーツ間の相互作用を明確にする必要があります。接触領域を検知して定義する自動化ツールにより、ソリューションを進める前に設定を見直すだけで済みます。ツールを利用して設定を調整することによって、自動化ツールが要求通りに動作するようにできます。

形状
ANSYS Mechanical製品はすべて、主要なCADシステムに接続し、定義されたパラメータで動作して、設計調査を進めたり、必要に応じて、SpaceClaimで準備できるニュートラルファイルを使用したり、またはそのまま直接使用したりすることができます。ソリッドのボリューム、サーフェス/シェル、およびボディをすべて利用できます。いま実施している解析にとって、最も効率的なモデル化アプローチにすることができます。

Capabilities

自動接触

アセンブリのパーツ間の接触界面を簡単に作成できます。自動接触検知によって、大型アセンブリのモデル化に要する準備時間を短縮できます。

Automated Contact Capability
プラットフォームのテクノロジー

ANSYS Workbench環境では、連結型の解析を作成できます。これは、熱応力調査やパラメトリックモデルに便利です。

Platform Technologies Capability
形状とメッシュ

ネイティブのCAD(コンピュータ支援設計)形状またはスタンドアロンの形状をANSYSの構造解析ソフトウェアに読み込み、立体、シェル、およびビームモデルで正確なメッシュを作成できます。

Geometry and Meshing Capability
モーダル解析

事前応力または応力状態で設計の振動特性(固有周波数およびモード形)を測定するので、製品の実際の挙動を的確に予測できます。

Modal Analysis Capability
強度解析

静的解析を解決し、線形座屈を解析します。アセンブリのたわみ、応力、歪みをパーツごとに、または機能レベルで検証します。

Strength Analysis Capability
レポート作成

設計を検討し、結果を効率よく文書化します。モデルの技術データと画像はすべて、使いやすい形式(HTML、Microsoft® Word、またはMicrosoft® PowerPoint)で利用できます。

Report Generation Capability

See how our customers are using our software:

Plantool Oy

Plantool Oy社

Plantool社はANSYS DesignSpaceを使用して、オーダーメイドの機械を開発しています。特注の機械は試作の余地がないため、それぞれの機械を最初から適切に設計することが必要です。

ケーススタディを見る
Robo-Technology

Robo-Technology社

Robo-Technology社はANSYS Workbenchを使用して、ヘリコプター用の超音波同期式ロボット試験システムの振動と剛性を解析しました。

ケーススタディを見る