Additive Manufacturing Simulation

付加製造技術(Additive Manufacturing)のシミュレーション

ANSYSが提供する付加製造技術(AM:Additive Manufacturing)の完全なシミュレーションワークフローを使用すると、金属AMの研究開発にかける労力をそのまま製造作業へと移行することができます。

付加製造技術(3Dプリンティング)は、さまざまな材料から3次元部品を層ごとに製造する技術です。これは近年、実際の製造プロセスとして急速に普及してきました。AMプロセスでは、デジタルデータファイルが製造機械に送信され、そこで最終的に工学設計が3Dプリント部品に変換されます。当初、AMは試作品を短時間で作製する方法として利用されていました。射出成形、鋳造、成形、接合など、広く認められている方法によって製造する前に、部品(多くの場合はプラスチック製)を短時間で作製する方法です。

金属ベースのAMプロセスは1990年代に開発されました。その後まもなく、金属部品を直接3Dプリンティングできるレーザー焼結システムをいくつかの企業が発表し、直接の多段階製造プロセスに新たな選択肢が提供されました。選択的レーザー焼結(SLS:Selective Laser Sintering)は、AM技術の1つであり、レーザーをエネルギー源として使用して粉末(金属またはポリマー)を融解します。レーザーは3Dモデルによって定義された空間内の点をターゲットとし、粉末材料を凝固させて固体の構造を作製します。

Additive Products

Additive Suite

トポロジーの最適化、検証、プリントプロセスから材料の開発まで、付加製造技術の完全なワークフローをシミュレーションします。


Additive Suite
Additive Print

付加製造技術(AM)のオペレーターおよび設計者向けの、使いやすく、しかも強力なスタンドアロンソリューションです。初めてでも適切な構築が可能です。


Additive Print
Additive Prep

シミュレーションと出力の準備を行います。部品の方向付けをガイドし、直ちにサポート構造を生成します。


Additive Prep