Share:
ANSYS Variance FX

ANSYS Variance FX

標準セルおよびカスタムマクロ用のばらつきモデル

ANSYS Variance FXは、標準セルおよびカスタムマクロ用の最も包括的なばらつきモデルを提供します。遅延と制約のディレート、さらにはライブラリー全体に対する.libタイミングモデルを作成します。ANSYS Variance FXは、最も高度な製造プロセスにも立ち向かえる実績に裏付けされた精度と、複数のプロセス、電圧、温度コーナーにわたって遅延、制約、およびばらつきの引き金になるクリティカル要因をすべて考慮できる機能性を誇ります。

 ANSYS Variance FXの導入により、ショートカットなしに、完全なセルライブラリー上で遅延と制約のばらつきを数時間内に計算できるようになります。完全なスレッド型および分散型のアーキテクチャと、数千ものCPU上で動作する機能を備えることで、利用できるCPUが増えるにつれてターンアラウンドタイムは大幅に短くなります。

 ANSYS Variance FXは、以下を提供します。

遅延ディレートおよび.libタイミングモデル
ANSYS Variance FXでは、タイミング制約、高機能チップ内ばらつき(AOCVAdvanced On-Chip Variation)、パラメトリックチップ内ばらつき(POCVParametric On-Chip Variation)のディレート、さらにはLiberty Variance FormatLVF)タイミングモデルを作成します。

超低電圧トランジスターレベルシミュレーション
ANSYS Variance FXは、SPICEのトランジスターモデルと全波形伝播機能を活用することで、超低電圧および高度プロセスノードで信頼性の高い結果を得るための精度を達成します。ミラー効果や他の各種効果も、ショートカットなしに正しく扱われます。

遅延、制約、およびばらつき
ANSYS Variance FXは、遅延、スルー、および制約をシミュレーションします。シミュレータは完全に統計的で、低電圧および高度プロセスノードでの非ガウス挙動を扱います。

ターンアラウンドタイムの短縮
ANSYS Variance FXはスレッド型および分散型であるため、ライブラリー全体を処理するまでのターンアラウンドタイムを大幅に短縮します。

標準セルおよびカスタムマクロ
ANSYS Variance FXは、遅延、制約、およびばらつきについて、標準セルおよびカスタムマクロをシミュレーションします。

カスタマイズ
完全スクリプト記述可能なシミュレーションエンジンに支えられたANSYS Variance FXは、物理的な各種設計フローで使用でき、カスタマイズされたデータをサードパーティー製ツールに出力できます。