ANSYS SeaScape

近年の設計は指数関数的に複雑化が進んでいるため、統合後のチップ-パッケージ-システムのシミュレーションには、マルチドメイン解析が必要となり、大量のデータが生成されます。誕生から25年を経たモノリシックデータベースアーキテクチャに基づく従来の電子設計自動化 (EDA) ソリューションでは、スケーラビリティが不十分です。一度に解析できるのは1つのドメインのみであり、強力なプロセッサと大量メモリを搭載した専用のコンピューターシステムが必要でした。ソリューションの生成に数時間、数日あるいは数週間を要したため、設計者は効率を優先するために精度を犠牲にしなくてはならないこともありました。

ANSYS SeaScapeは、スケーラブルなサーバーコンピューティングによるビッグデータアーキテクチャに基づくインフラストラクチャとして、EDAアーキテクチャを再定義します。SeaScapeアーキテクチャをベースとしたシミュレーションソフトウェアは、精度を向上させながら、ソリューション時間を数週間から数時間に短縮します。フィードバック、マルチドメイン対応のアクショナブルアナリティクス、柔軟性の高いコアごとの使用状況によるスケーラビリティにより、インデザイン解析を可能にすることで、現在のシミュレーション方法を根本的に変革します。