主要機能を比較する: ANSYS EnSight と ANSYS EnSight Enterprise


  ANSYS EnSight ANSYS EnSight Enterprise
ANSYSや他社のCFD、FEA衝突、電磁界、DEM、剛体、およびその他のシミュレーションデータのルーチンポスト処理 バッチまたはインタラクティブな操作、ローカルデータまたはクライアント/サーバーを、それぞれ8つのスレッドでサポート 通常のモデルサイズ:100万~1億セル この並列バージョンのEnSightでは、HPCクラスタリソースを使用して非常に大きなモデル(1億個以上のセル)を処理できます。空間的または時間的に分解された並列のポスト処理が可能
スレッド
 8  128
クラスターのポスト処理
 
クライアント/サーバー
オペレーティングシステム:  Windows、Linux、Mac  Windows、Linux、Mac
64ビット
データの読み取り、検索、プロット
一回で複数のケースを読み込み
回転/パン/ズーム
画像を印刷/保存
等密度面
注釈
動画をエクスポート
3Dモデルをエクスポート
粒子トレース/ストリームライン
ボリュームレンダリング
セッションファイル
ビューポート 1-16 1-16
ユーザー定義ツール
科学計算用電卓
粒子トレース
パスライン /非定常粒子トレース
表面制限トレース
ボルテックスコア
線の分離 /結合
衝撃表面
境界層 (一時的分解)
集中粒子トレース
高度な光源
表面フロー (LIC)
レイ トレーシングのエクスポート
キーフレームアニメーション
複数のビューポート
フレーム
バーチャルカメラ
バーチャルリアリティ用ヘッドセット
バッチで実行
Pythonスクリプト