航空機の着氷シミュレーション

航空機の機体表面、付属品、およびセンサー上の着氷や、航空機エンジンへの着氷による影響は、サプライチェーン全体にも影響するような、機体設計で最重視すべき安全事項です。規制当局の承認を受けるには、シミュレーション、着氷風洞、飛行テストなど、複雑で時間がかかるプロセスを伴います。近年変更された規制内容と、高空での氷晶や過冷却大型水滴(SLD:Supercooled Large Droplets)に対する業界の注目によって、新しい航空機やテクノロジーの設計プロセスと開発期間に対する課題は一層厳しくなっています。

Aircraft Icing Montage

フルサイズDLR-F6翼/機体/ナセル/パイロン形状に対する着氷計算のモンタージュをご覧ください

ANSYSは、高度な数値流体力学と着氷シミュレーションに関する専門知識を独自に組み合わせて、共通の作業環境で提供します。このソリューションは3次元であるため、現実の挙動をとらえ、最も効率的なシミュレーションワークフローを提供し、業界によって妥当性が確認された豊富なデータベースを備えています。さらに、シミュレーションの出力は、FAA規定の附録C、D、およびOに準拠するよう設計されています。

ANSYSの着氷シミュレーションを使用することで、企業やエンジニアは短期間で製品を開発し、開発サイクルの早い段階で設計をテストして、製作する物理プロトタイプ数を減らしながら、従来の設計手法よりも優れたソリューションを開発できるようになります。

Ice roughness on the wing

翼およびナセル上の空間依存する氷表面の粗さ

Integrated ice protection system design

組み込まれた防除氷系統の設計

このデモで使用したANSYSの製品:

Simulating aircraft icing