流体のHPC

ANSYSのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)による並列処理を使用して、最も複雑なCFD演算を含む大規模モデルを迅速に低コストで解析できます。ANSYSのHPCはHaswellプロセッサとNVIDIA GPU、Intel True ScaleとCray MPI(インターコネクト)など、最新のHPCアーキテクチャ上で、ANSYS CFXおよびFluentなどのANSYSソルバーを実行するために最適化されています。同時に、卓越した実績のあるスケーラビリティを備えており、CPUコアあたり5,000セルという少ないセル数でも80パーセントの効率で作動し、1億セル以上のモデルでコア数が10,000以上の極端に大規模なシミュレーションが可能になっています。

設計への影響

  • 解析時間の短縮
  • 実現象に忠実な知見の拡大
  • より多くの設計バリエーションの検討

ANSYSの利点

  • ANSYS HPCは卓越した実績のある並列スケーラビリティを備え、CPUコアあたり5,000セルという少ないセル数でも効率が80パーセントを超えます。これは以下を意味します。
  • 低コストで、より小規模なHPCハードウェアを使用して、より大規模なモデルの解析を高速化できるため、ハードウェアによる制限が少なくなります。
  • 1億セル以上のモデルでコア数が15,000以上など、大規模モデル用の非常に多くのコア数での画期的な性能向上の恩恵を受けることができます。
  • 複雑な物理現象(化学、マルチフィジックス)に必要なANSYSソルバーは、今日のマルチコアプロセッサ上で高速に動作し、卓越した並列スケーリングを発揮するように高度に最適化されています。
  • 並列スケーラビリティに加えて、ソルバーの収束とロバスト性は最も重要です。ANSYS CFXおよびFluentは、これらの特性のために高く評価されています。
  • ANSYSソルバーは、Haswellプロセッサ、NVIDIA GPU、およびIntel True Scale(インターコネクト)ファブリックなど、最新のHPCアーキテクチャ上で実行するために最適化されています。例えば、ANSYS Fluentでの3D-AMG圧力ベース連成ソルバーにおけるGPUサポートは、お客様が高速シミュレーションのためにGPUなどの新たに進化したテクノロジーを活用できるようにするという、ANSYSのコミットメントを実証するものです。
  • Fluent Meshingでは、比類なきHPC機能とスケーラビリティを活用して、メッシュ生成時間の劇的な短縮を可能にする並列メッシュ生成機能が提供されています。例えば、8コアを使用すると、4,200万セルのメッシュは単一CPUコアを使用した場合の7倍の速さでメッシュ生成することが可能です。この機能にはHPCライセンスが不要であることに注目してください。
  • ANSYSではフレキシブルかつスケーラブルなライセンスをご提供しています。


HPC for Fluids