高レオロジー素材

ANSYS Polyflowは、ポリマー、ガラス、金属およびセメント加工産業に関わる企業に先進的テクノロジーを提供します。研究開発チームは、このテクノロジーを広範囲にわたって使用して、押出、熱成形、ブロー成形、ガラス成形、ファイバー引き抜き、コンクリート成形などのプロセスの設計および最適化を行っています。

フィルムダイの均一性の向上:均一な高分子フィルムを生産できるダイを作るために、エンジニアはANSYS Polyflowを使用して押出をシミュレートし、ダイ形状の設計変更を自動的に試験しました。エンジニアリングシミュレーションを利用した最適化は、圧力損失を抑制しつつ、フィルムダイの均一性を13%改善するために役立ちました。この改善によって材料の無駄と電力消費が削減され、ダイの使用寿命にわたって大幅なコスト削減が実現します。また、高品質な製品を顧客に提供することも可能になります。

押出設計コストの削減:ANSYSソリューションでは、完全なマルチフィジックスシミュレーションによってプラスチック包装の設計および製造の完全な仮想プロトタイピングが可能になります。これにより、企業およびエンジニアは迅速に製品を開発し、開発サイクルの早期に設計を試験して、必要とされる物理試作の回数を削減し、原材料費を最小限に抑制することができます。

材料費の削減:ANSYS Polyflowを使用することで、水タンクを設計しているエンジニアは、多大な費用のかかる物理試作を回避しつつ、ブロー成形のモデル化、材料分布と強度の計算、および落下試験のシミュレーションを行うことができました。シミュレーションによって、材料の削減(容器1基につき1.75kg)を達成し、生産コストを1時間につき約100ドル節約しつつ、容器の品質および耐久性を確保しました。

High Rheology Material