5つの流体関連のアプリケーションを適切に使用する

数値流体力学(CFD)は、驚くべき柔軟性、正確性と広い適用範囲を持つツールです。しかし、製品の軽量化とコストダウンを進めながら性能を最適化しなければならないという厳しい要求が高まる中で、これまでの過剰性能に対するマージンは急速に少なくなっています。これらのマージンが減少するに従い、製品の性能を正確に把握していなければ致命傷となります。製品の性能を真に把握するためには、CFDシミュレーションを適切に用いなければなりません。例えば、キャビテーションの範囲を十分に把握することなしに、バルブあるいはポンプの運転限界を効果的に予測することができるでしょうか。予期せぬキャビテーションが発生すると、ピッティングが発生し部品の損傷や性能低下が生じることがあります。適切に用いるべき5つのCFDアプリケーションは、

  1. キャビテーション
  2. 乱流
  3. 構造との干渉
  4. 熱解析
  5. 回転機械

があります。

有益なCFDの結果を得るためには、優れたソフトウェアが必要です。それは、実績の多いエンジニアリング解析でも見逃してしまうような予期しなかった製品最適化のチャンスを示してくれるソフトウェアです。今、そしてこれからも製品の性能が損なわれるリスクを避けてください。優れたCFDがそのためにいかに役立つかを知ってください。

5 Critical Apps

優れたCFDは、予期しなかった製品最適化のチャンスを示してくれます。