ANSYS SCADE Solutions for ARINC 661 Capabilities

カスタマイズ可能な全ARINC 661ウィジェットライブラリ

ARINC 661ウィジェットライブラリの開発を加速するために、SCADE Widgets Libraryには、カスタマイズ可能なSCADE SuiteとSCADE Displayモデルを特長とするセットが収納されており、それ以外にも、関連ソフトウェア要件仕様(SRS)および全77件のARINC 661標準ウィジェットのプロジェクトドキュメンテーションデータとSupplement 5に対する7件の拡張機能が含まれています。

モデルのSCADE ARINC 661全ウィジェットライブラリ

  • ARINC 661 XML構成ファイルセット
  • ウィジェットの挙動ロジック記述のためのSCADE Suiteモデル
  • ウィジェットのグラフィカル部品およびインタラクティブ部品の記述のためのSCADE Displayモデル
  • ウィジェットの挙動ロジック、グラフィカル部品またはインタラクティブ部品の記述を完成させるためのマニュアルCコード(必要な場合)
  • ARINC 661 Supplement 5のウィジェット拡張機能
  • 簡単なスタイルセットカスタマイズとインターチェンジのためのLook Modeling Appendixへの準拠

ウィジェットライブラリのソフトウェアドキュメンテーション

  • ウィジェットライブラリのソフトウェア要件仕様(SRS)によるウィジェットのルック&フィール要件の記述
  • ウィジェットライブラリ開発に使用する設計標準(SCADE SuiteとSCADE Display Design)とコーディング標準(マニュアルCコード)
  • ウィジェットライブラリ要素とそのソフトウェアドキュメントをエンドユーザーがどのようにそのプラットフォームおよびDO-178B/C認証環境内で使用、カスタマイズ、適合させるかを説明したガイドライン
Capabilities: Complete and Customizable ARINC 661 Widgets Library

ARINC 661ウィジェットのプロトタイピングと設計

ARINC 661準拠システム向けSCADE Widget CreatorはSCADE SuiteおよびSCADE Displayのアドオンであり、これによって航空機メーカーおよびCDS開発担当者は、以下のことを実行できます。

  • SCADE SuiteおよびSCADE Displayモデルとして、ウィジェット(見栄えと挙動)のARINC 661ライブラリのプロトタイピング、実装、カスタマイズ、シミュレーションの自動化
  • ウィジェットリスト、ウィジェットインターフェース、ウィジェット相互依存を定義するARINC 661構成ファイルセットの作成と管理

ARINC 661ウィジェットリストとインターフェースの記述(XMLファイルとして)

  • カスタムウィジェットライブラリのウィジェットリスト
  • ウィジェットライブラリで使用するARINC 661の定数
  • ウィジェットライブラリで使用するARINC 661のタイプ
  • ARINC 661ウィジェット階層(親と子)
  • ウィジェットごとの標準ARINC 661インターフェースの定義(DFパラメータ、設定パラメータとイベント)
  • ウィジェットによるウィジェット実装の定義:ARINC 661インターフェースとSCADE Suite/SCADE Displayモデルインターフェース間のマッピング、ウィジェット間のコミュニケーションチャネル

ARINC 661ウィジェットモデルプロトタイピング、デザイン(見栄え、挙動とスタイルセット)、シミュレーションおよびレポート作成

  • 標準またはカスタムARINC 661ウィジェットのSCADEモデルとしてのデザイン
  • 挙動ロジック用SCADE Suite
  • インタラクティブグラフィックス用SCADE Display
  • 外部Cソースコード(必要に応じて)
  • ARINC 661ウィジェットモデルのSCADE Suite Simulatorを使用したモデルレベルのデバッグとシミュレーション
  • ARINC 661のSupplement 6の付録J(Look Modeling)に基づくLook CapacitiesとLook Definitionデータの設計
Capabilities: ARINC 661 Widget Prototyping and Design

ARINC 661サーバー自動生成

航空機メーカーおよびCDS開発担当者は、ARINC 661に準拠したシステム向けSCADE Server Creatorを使用して、下記のようなARINC 661サーバーのCソースコードの大半を自動生成します。

  • SCADE Suite KCGとSCADE Display KCGを使用して、ウィジェットモデル(SCADE Widget Creatorで作成あるいはSCADE Widgets Libraryに提供)から生成したウィジェットライブラリCソースコード
  • ARINC 661サーバーのウィジェット依存部品に対応するCコード — DFパーシング、サーバーサイド通信プロトコルの管理、ウィンドウおよび層ロジック、描画方式など - これらは、ARINC 661 XML構成ファイルセットに由来

ARINC 661サーバーソースコードの自動生成

  • “ARINC 661 Configuration” ファイルからの読み取りおよび印刷可能なレポートの自動生成、各ウィジェットには、ARINC 661標準仕様と同じレイアウトによるパラメータ、生成構造、イベント構造または実行時修正可能なパラメーターテーブルの記載あり
  • 設定可能なARINC 661サーバーのソースコード
  • バイナリARINC 661ウィジェットライブラリを自動生成し、WYSIWYG環境でARINC 661向けSCADE UA Page Creatorに統合
  • Cソースコードを自動生成し、ARINC 661ウィジェットライブラリからARINC 661サーバーに統合
  • シンボルのサポートと画像グラフの定義
  • GBK/UTF-8キャラクターセット(ARINC 661-5補遺による)のサポート

SCADE Server Creatorで生成されたコードのほかに、サーバーコードは、下記のものに対応するCソースコードによって作成されます。

  • プラットフォームアーキテクチャ(RTOS/HW/ドライバー)から独立しているサーバーのコア部分は、サーバーの色々な部分で使われている共通のサービスや構造で構成されています。サーバーに新たな機能やカスタム機能が必要になるときにのみコア部分の修正が必要になります。
  • サーバーのプラットフォームに依存するアーキテクチャ部分では、メインループ、I/O処理、OpenGL/ビデオ初期化、ウィンドウとレイヤー構成の定義が行われています。この部分には、対象となるアーキテクチャのエンドユーザーによるカスタマイズが必要となります。

SCADE Server Creatorでも、ARINC 661ウィジェットライブラリと構成データから、Windows/PCホストマシン用の実行可能なARINC 661サーバーの自動生成が可能です。

生成されたサーバーの特性

  • 移植可能(元は、WindowsおよびLinuxにて動作)
  • ARINC 661構成ファイルにて設定可(カスタマイズ可能なウィジェットリスト、カスタマイズ可能なウィジェットインターフェース — 定義または実行時間パラメータ、イベントなど — およびウィジェット間のカスタマイズ可能な依存性)
  • Server Creatorによって自動生成されたARINC 661サーバーの設定可能な部分
  • 限定された、十分特定済みのプラットフォームの依存性(メモリ管理、グラフィックスリソースアクセス、メインスケジューリングなど)
  • マルチUAサポート、マルチDFサポート
  • 複数のSCADE Displayで生成された「コード」レイヤーにおけるARINC 661ページの混合
  • XML構成ファイルで自動生成された複数の表示単位(DU)、Windows、レイヤーの設定の管理
  • DU、Windowsおよびレイヤーの実行時の再構成
  • マルチカーソルのサポート、複数の「キーボード」的なデバイスのサポート
  • EthernetおよびTCP/IP(ユーザーによるカスタマイズが可能)をベースにした通信プロトコル
  • バイナリデータとしての設定可能なリソースとスタイルセット
Capabilities: Automatic ARINC 661 Server Generation

ARINC 661 UA定義ファイル(DF)のプロトタイピングと設計

ARINC 661に準拠したシステムのSCADE UA Page Creatorは、SCADE Displayのアドオンで、UA設計者は、ホストステーション上のモデルとして、ARINC 661 UA DFページのプロトタイプ作成と設計を行うことができます。すべての標準およびカスタムウィジェットに対して、リアルタイムWYSIWYGフィードバックでARINC 661ウィジェットのインスタンス化とすべてのDFパラメータタイプのモデリングを行うことができます。

UA Page Creatorの特長

  • SCADE Widget Creatorで作成した(あるいは、デフォルトでツールによって提供された)ARINC 661ウィジェットのインスタンス化によるARINC 661 UA DFモデルの生成
  • 先進の編集機能とエルゴノミクスを持つ、SCADE Displayと同じフロントエンド
  • ARINC 661Supplement 5準拠のUA DFページの高速設計を可能にするデフォルトARINC 661ウィジェットライブラリ(バイナリ)
  • WYSIWYG設計用ホストバイナリARINC 661サーバーの統合
  • SCADE SuiteモデルおよびARINC 661サーバーとして設計されたUAによる同時シミュレーション
  • SCADE SuiteモデルおよびARINC 661サーバーとして設計されたUAによる同時実行
  • 専用WYSIWYG UAシンボルエディターを含むシンボルと画像のグラフィカル定義のサポート
  • 拡張機能のサポート
  • Lookモデリングの付録によるLook定義データ記述のためのスタイルセットエディター
  • 定義ファイルインターフェースの仕様(ARINC 661メッセージからの実行時パラメータとイベント)
  • GBK/UTF-8キャラクターセットのサポート
  • SCADE製品全体にわたって統合されたプロジェクト構造によるプロジェクトファイルとリソースの管理
  • すべてのSCADE UA Page Creatorのコンセプトと構造物をサポートするモデルAPI
Capabilities: ARINC 661 UA Definition File (DF) Prototyping and Desig

DO-178Cの資格に基づいたARINC 661 UA DF生成

ARINC 661準拠システムのSCADE UA DF Generatorは、ツール資格を満たすDO-178C自動生成ツールで、UA Page Creator ARINC 661モデルから標準バイナリーファイルとXML定義ファイルを生成します。

UA DF Generatorの特長

  • SCADE UAページクリエーターモデルからのバイナリARINC 661 UA DFの自動生成
  • ARINC 661構成ファイルセットによる設定(ウィジェットリストとインターフェースの定義)
  • 標準XML DFのエクスポート
  • DO-178Cに基づくDO-330 TQL-1ツールとしての認証を取得
  • シンボルのサポートと画像グラフの定義
  • GBK/UTF-8キャラクターセットのサポート
  • 新規ウィジェットとウィジェット拡張機能を含むARINC 661 Supplement 5のフルサポート

SCADE UA DF Generator Certification Kitsでは、認証機関(TQP、TOR、IRS、TR、TAS、TCIなど)で求められるDO-178B/DO-178Cに必要な素材をすべて用意しています。

Capabilities: DO-178C Qualifiable ARINC 661 UA DF Generation

ARINC 661 UA通信コードの生成

ARINC 661準拠システム用SCADE Suite UA Adaptorは、SCADE SuiteのKCG Cコードジェネレータのアドオンモジュールで、それによって、SCADE Suite UAと任意のARINC 661サーバー間の所定の関連DFのARINC 661準拠C通信コードを自動的に生成することができます。

SCADE Suite UA Adaptorの特長

  • ARINC 661標準に準拠した、"set parameters"と"get events"に対応するSCADESuite UAのC通信コードの自動生成をSCADEスイートUAモデルとSCADE UA Page Creatorモデル(またはバイナリDF)間の接続データにて実現
  • ARINC 661構成ファイルセットによる設定(ウィジェットリストとインターフェースの定義)
  • 専用UIによるモデルレベルでのUAとDF間のマッピングデータの編集
  • SCADE Suite User ApplicationモデルとARINC 661ホストサーバーをベースにした定義ファイル間の協調シミュレーション
  • DFインターフェース名に基づくSCADE SuiteとUA DFモデル接続のためのARINC 661メッセージのフィルタリング
  • ARINC 661モデリング用専用SCADE Suiteライブラリ
  • 新規ウィジェットとウィジェット拡張機能を含むARINC 661 Supplement 5のフルサポート
Capabilities: ARINC 661 UA Communication Code Generation