鉄道連結アプリケーション向けのANSYS SCADEの使用例

鉄道分野でのモデルベースの開発:Siemens社の課題と経験

連結システムは、ライフサイクルが30年にも達する数千もの制御要素で構成されています。その設計に、Siemens社はANSYS SCADE Suite のモデルベースの開発環境を採用しました。この決定の決め手となったのは、次の重要な判断基準でした。

  • 安全関連のソフトウェア組み込み制御アプリケーションに適したANSYS SCADEのモデル化言語(形式意味論に基づく)
  • 自動コード生成
  • モデルレベルシミュレーション
  • 形式的検証(プロパティを網羅したデモンストレーション)
  • サードパーティ製ツール(要件エンジニアリング、UMLアーキテクチャ)へのゲートウェイを含む開発環境

ANSYS SCADEによるモデルベースの開発の結果、効率化が実現して、ミスは設計プロセスの早い段階で検出されるようになりました。総じて、従来よりも短期間で、最高レベルの品質を備えた製品がSiemens社の顧客にもたらされるようになりました。

Railway Interlocking Applications