シートメタルの設計と製造

柔軟なモデリングと展開
SpaceClaimでは、高精度のシートメタルを成形加工するためのモデルを任意のCADデータから柔軟に作成、編集、準備できます。これほど使いやすく、形状の編集を巧みにこなし、破損したCADデータや複雑なCADデータに対処でき、高品質のシートメタル機能を備えたツールは他にありません。SpaceClaimは、シートメタルメーカーが現場のダウンタイムを最小限に抑えながら作業を迅速に完了できる、商用ツールとしては唯一のソリューションです。

すべては、シートメタルボディの迅速な作成と展開を促進するSpaceClaimのダイレクトモデリング技術から始まります。シートメタルモジュールの部品を作成するのか、ソリッドボディをシートメタルに変換するのか、あるいはCADシステムからデータをインポートするのかを選択できます。データのインポート元のCADシステムは問いません。

SpaceClaimのシートメタルへの自動変換が完了すると、高度なツールによって、どんなフィーチャーが存在するのか、調整が必要かどうかが判断されます。適切に展開するためのコーナー部の直角成形、接合タイプの変更、コーナー処理の修正、エッジリリーフの調整などをワンクリックで実行できます。

最適化

 最適化ツールを使用して、ガセットやヒンジなどを適切な場所に配置し、強度およびフレキシブル継手を簡単に追加できます。SpaceClaimの多用途性を活かして、いつでも壁厚さ、曲げ代、k係数、および物質特性を調整したり、コンポーネントの曲げテーブルを活用したりできます。

SpaceClaimでは、曲げモデルと展開モデルを同時に表示して、変更の影響を両方のモデルで確認できます。この双方向リンクにより設計フィードバックが即座に得られるため、より的確な意思決定を行えます。データが完成したら、任意のニュートラル3Dフォーマットにエクスポートするか、レーザーまたはパンチプレス加工用に一般的な2Dフォーマットにエクスポートすることができます。

SpaceClaimのシートメタル機能

  • 実質的にあらゆるシートメタル部品を自動的に展開し、DXF/DWGにエクスポート
  • 曲げモデルと展開モデルを同時に表示および編集
  • 曲げテーブルを素早く作成
  • 任意のモデルの厚さ、曲げ代、物質特性を調整
  • エッジリリーフとコーナーリリーフ、ヘム、ヒンジ、パンチ、ルーバーなど多様な形状を作成するための形状ライブラリをカスタマイズ

デモのご依頼はこちら

Sheet Metal Unfold