世界の動向から自動運転や電動化の課題解決策を探る

次世代自動車開発ソリューションセミナー

6月28日(金)東京 | 7月31日(水)名古屋

自動運転の自動化レベルが上がると、センサーと制御システムを組み合わせた走行検証を実際に行うことは非常に困難です。同時に、要求される安全性も厳しくなるため、SOTIF などの安全分析も必要です。一方、電動化においては、モータが抱えるノイズや振動、耐久性といった課題や、バッテリーにおけるエネルギーマネジメントシステムへの対応が求められるようになります。

また、自動運転や電動化といった次世代自動車の開発には、シミュレーションやモデルベース開発の手法を用いて、ハードウェアとソフトウェアを協調させながらシステム全体の設計を進めることが欠かせません。

本セミナーでは、このような次世代自動車開発の課題に対し、シミュレーションによってどう解決できるのかを、海外の事例を交えてご紹介します。
最新のシミュレーションソリューションをご覧いただける機会ですので、ぜひ本セミナーへのご参加をご検討ください。参加費は無料です。

セミナー参加登録はこちら

grad2

タイムテーブル

ご興味のあるセッションのみご参加いただくことも可能です。
(お時間は変更になる可能性もございます。予めご了承ください。)

セッション 時間 講演内容
事例 13:00 ~ 13:40 電動化・自動運転における海外事例のご紹介
ANSYS Global Customer Engagements in Electrification and Autonomous Driving
自動運転 13:40 ~ 14:10 物理ベースリアルタイムシミュレーションによる自動運転・ADASバーチャル開発環境の構築
14:10 ~ 14:40 ADの知覚能力を高精度に検証する光学センサーシミュレーション
14:40 ~ 14:55 ご休憩
14:55 ~ 15:20 自動運転車の安全分析:SOTIF, ISO26262, HARA, HAZOPS, FMEA, FTA
モデルベース開発 15:20 ~ 15:50 モデルベースによる、ハードウェアおよびソフトウェアシステム開発
Physical and software systems development through MBD
電動化 15:50 ~ 16:20 電気自動車パワートレインの設計、統合、規制における課題およびANSYSによるソリューション
Electric Vehicle Powertrain Design, Integration, Regulatory Challenges and ANSYS Solutions
16:20 ~ 16:30 ご休憩
16:30 ~ 17:00 モータの設計と最適化における課題への対応
Addressing Challenges in Electric Machine Design and Optimization
17:00 ~ 17:30 バッテリーマネジメントシステム:開発における課題およびANSYSによるソリューション
Battery Management System: Development Challenges & ANSYS Solutions
※ 同時通訳による英語セッションは、東京会場のみとなります。名古屋会場におきましては、日本語で行います。

セミナー当日は弊社技術担当も多数参加します。ご質問やご相談などございましたら、休憩時間などに弊社技術担当までお気軽にお声がけください。

セミナー参加登録はこちら

grad2
概 要 東 京 名古屋
日 程 2019年6月28日(金) 開催終了 2019年7月31日(水)
時 間 13:00~17:30 (受付 12:30~)
会 場 ベルサール東京日本橋 (「日本橋駅」B6番出口直結) ウインクあいち (「JR名古屋駅」桜通口より徒歩5分)
参加費 無料(事前登録制) [ こちら ] からお申込みください
お問合せ アンシス・ジャパン マーケティング部
tok-mkt-com
03-5324-7306

ANSYSへのお問い合わせは、以下をクリックしてください

お問い合わせ先
Contact Us
お問合せ