Home / 自動運転からEV まで シミュレーションで実現する設計開発ソリューションセミナー / 講演者様プロフィール

講演者様プロフィール

spacer spacer
トヨタ自動車株式会社 先進AI開発部 主幹 電子制御基盤技術部 主幹 工学博士  辻 公壽 様

トヨタ自動車株式会社 先進AI開発部 主幹 電子制御基盤技術部 主幹 工学博士

辻 公壽 様

略歴
1988年 トヨタ自動車(株)入社,車載半導体集積回路及び集積化センサの研究開発,パワーエレクトロニクスを活用した次世代車両の要素研究,1DシミュレーションVHDL-AMS (IEC61691-6) による車両企画・開発(AQUA開発への適用)を経て,国際標準によるモデル流通を推進.自動車技術会「国際標準言語によるモデル開発・流通検討員会」幹事,自動車技術会会員.電気学会会員.工学博士.


spacer spacer
University of Kentucky, Professor and L. Stanley Pigman Chair in Power

University of Kentucky, Professor and L. Stanley Pigman Chair in Power

Dan M. Ionel

略歴
Dan M. Ionel, PhD, FIEEE is Professor of Electrical Engineering and the L. Stanley Pigman Chair in Power at University of Kentucky (UK), Lexington, KY. At UK he also serves as the Director of the Power and Energy Institute of Kentucky (PEIK) and of the SPARK Laboratory. Previously, he worked in industry, most recently as Chief Engineer with Regal Beloit Corp and, before that, as Chief Scientist with Vestas Wind Turbines. Concurrently, he held academic appointments as Visiting and Research Professor with University of Wisconsin and Marquette University in Milwaukee, WI. Dr. Ionel has more than 25 years of engineering experience and has designed electric machines and drives with power ratings between 0.002 and 10,000hp, published more than 150 journal and conference papers, including 5 winners of IEEE awards, contributed to 3 books, and holds more than 30 patents, including a medal winner at the Geneva International Exhibition of Inventions. Dr. Ionel is an IEEE Fellow, is the Chair of the Working Group for the IEEE Std. 1812, was the Chair of the IEEE Power and Energy Society Electric Motor Subcommittee, and the General Chair of the 2017 anniversary edition of the IEEE IEMDC, the International Conference on Electric Machines and Drives.

spacer spacer
東京工業大学 工学院 教授 工学博士  千葉 明 様

東京工業大学 工学院 教授 工学博士

千葉 明 様

略歴
1983 年東京工業大学卒業。同大修士課程,博士課程卒業。工学博士。1988 年東京理科大学理工学部電気工学科嘱託助手。1992 年実験講師,1993 年講師、1997 年助教授、2004 年同学科教授。2010 年4 月東京工業大学大学院理工学研究科教授。この間1990 年カナダ国メモリアル大学にてNSERC (Natural Science and Engineering Research Council of Canada) ポスドク。ANSYS Maxwell 開発を担当してるDr. Ping Zhou と同じ研究室に所属。非接触磁気支持ベアリングレスドライブ,超高速ドライブ、レアアースフリーモータなどの研究に従事、1998 年と2005 年電気学術振興賞論文賞、2011 年IEEE-IAS のElectric Machine Committee のFirst Prize 受賞、2016 年と2017 年にIEEE Transaction on Enegy Conversion 論文賞受賞、2016 年関東工学教育協会関東工学教育協会賞受賞、1063 件の研究報告、著書“Magnetic bearings and bearingless drives” などを執筆。2002 年電気学会ベアリングレスドライブ協同研究委員会委員長、2003 年電気学会超高速ドライブ・ベアリングレス関連技術調査専門委員会委員長、2004 年電気学会論文委員会主査 (D3 グループ)、2004 年電気学会産業応用部門大会論文委員会委員長、IEEE のPower and Energy Society のMotor Sub-Committee の2007 年Secretary を経て2013 年Chair, 201 5年 past Chair。2010 年IEEE IAS のJapan Chapter の委員長、2014 年にIEEE Nikola Tesla Field Award Committee の委員長。また、2016 年からIEEE のIndustry Application Society の電動機委員会のSecretary、現在Vice Chair、2014 年自動車技術会モータ技術委員会初代委員長、2015 年永森財団審査員、2017 IEEE IEMDC Technical Chair。2014 年電気電子工学科学科長、電電MOOC を企画。2007 年IEEE Fellow、電気学会上級会員。


> セミナーのページに戻る

お問合せ