ANSYS、次世代のエンジニアを支援してイノベーションを加速

ANSYSのアカデミックプログラムが明日を担うエンジニアにハンズオン体験を提供

ピッツバーグ、2018年12月11日 – Cornell大学では教室の授業からMassive Open Online Course(MOOC)に至るまで、大学と学生はシミュレーションのハンズオン体験のためにANSYS(NASDAQ:ANSS)ソリューションを活用しています。ANSYS Academic Programはますます活用範囲が広がり、学生向けの無償ソフトウェアのダウンロードが750,000件にもおよび、100,000人以上がMOOCに登録しました。

企業は自動運転車、電動化、5G分野で急速に広がりつつある革新的な製品を提供する努力をしており、高度な技術を有するエンジニアの需要がこれまで以上に高まっています。ANSYSは次世代エンジニアの育成に注力し、イノベーションを促進するために学生に最新のシミュレーション技術とハンズオン体験およびリソースを提供しています。

ANSYSは世界をリードするCarnegie Mellon大学、Stanford大学やMadrid工科大学等を含む世界87か国の3,200以上の工科系の大学で使用されています。教室以外でも、ANSYSはFormula SAE、Shell Eco-Marathon、Hyperloop Pod Design等の競技会に参加する学生チームにシミュレーションソフトウェア、ハンズオントレーニングおよびリソースを提供しています。ANSYSはさらに、エンジニアリングを学ぶ学生が技術サポートを受けたり、質問したり、考えを共有するためのオンラインプラットフォームであるStudent Communityを通じて、学生同士のコミュニケーションを奨励しています。

「ANSYSは常に学生、研究者、教育者が使用する際のAcademic Programの価値と利便性を最大にするよう努めています。このプログラムの目的は、アカデミックユーザーがエンジニアリングを学ぶ過程を通じてANSYSのワールドクラスのソフトウェアに簡単にアクセスし、専門家のサポートを受け、高品質の教材を用いてエンジニアとして成長していくことができるようにすることです。ANSYSは、エンジニアリングを学ぶ学生が高度な専門技術者になり、明日の産業界を変革していくのに必要となる教育と経験を提供します。」(ANSYS、Academic and Startup Program、シニアマネージャー、Paul Lethbridge)

「ここConnecticut大学では、ANSYSとのアカデミックパートナーシップが教育、研究および産業関連の活動に多大の成果を上げてきました。Senior DesignプロジェクトではANSYSを使用することで、卒業する学生が就職する前に貴重な経験をし、またこれらのプロジェクトを支援してくれる企業にも大きなメリットをもたらしています。昨年一年間だけでも、産業界が支援する50以上のSenior DesignプロジェクトでANSYSが活用されました。」(Connecticut大学、工学部上級副学部長、Michael Accorsi氏)

「ANSYSは、私たちの多くのHyperloopポッドモジュールの構造解析には不可欠です。それぞれの最大荷重時の車台、駆動輪、横安定モジュールおよびブレーキモジュールの静的な構造シミュレーションを行いました。ANSYSにより私たちが行った手計算が確証され、競技の安全基準を満たすことができました。」(Berkeley Hyperloopチーム、マーケティングリーダー、Kathy Nguyen氏)

「Stanford Solar Car Projectのメカニカル設計の過程ではANSYSのソフトウェアが不可欠です。ANSYSの製品により、我々は直接的で効果のあるシミュレーションを行うことができ、ANSYSの協力は確実にStanford Solar Car Projectにイノベーションをもたらしてくれました。」(Stanford Solar Car Project、空力チームリーダー、Jason Trinidad氏)

ANSYSについて
ロケットの打ち上げをご覧になったり、飛行機で空を旅したり、車を運転したり、橋を渡ったり、PCを使ったり、モバイルデバイスの画面にタッチしたり、あるいはウェアラブルデバイスを身に付けたりされたご経験はおありでしょうか。それらの製品は、ANSYSのソフトウェアを使って生み出されたものかもしれません。ANSYSは、工学シミュレーションの世界的リーディングカンパニーとして、今までにない優れた製品の誕生に貢献しています。最高水準の機能と幅広さを備えた工学シミュレーションソフトウェアの提供を通じ、ANSYSは、最も複雑な設計上の課題であっても解決を支援し、製品設計の可能性を想像力の限界まで押し広げています。1970年に設立されたANSYSは、数千人のプロフェッショナルを擁し、その多くは有限要素法解析、数値流体力学、エレクトロニクスおよび半導体、組込みソフトウェア、設計最適化などのエンジニアリング分野で博士号、修士号を取得しています。本社を米国のピッツバーグ南部に置くANSYS は、世界中に75ヵ所以上の戦略的販売拠点を有するとともに、40ヵ国以上のチャネルパートナーとネットワークを築いています。詳細は、 www.ansys.com をご覧ください。

シミュレーション関連の情報については、 www.ansys.com/Social@ansys.com をご覧ください。

ANSYS、ならびにANSYS, Inc.のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。

アンシス・ジャパン株式会社(ANSYS Japan K.K.)は、米国ANSYS, Inc. 100%出資の日本法人です。ANSYS, Inc.のCAEソフトウェアを日本で販売し、あわせてサービス、サポート体制を確立するために設立されました。

 

ANSS-C

Contact

Media
Mary Kate Joyce
724.820.4368
marykate.joyce@ansys.com

Investors
Annette Arribas
724.820.3700
annette.arribas@ansys.com

ANSYSへのお問い合わせは、以下をクリックしてください

お問い合わせ先
Contact Us
お問合せ