ANSYSと電磁界クロストークソリューションのリーダーであるHELIC社が 正式買収契約書に署名

この買収によりANSYSのポートフォリオで5GやAIの次世代製品が可能に

ピッツバーグ、2019年1月21日 – エンジニアリングシミュレーションソフトウェアの世界的リーダーであり常に革新をもたらしているANSYS(NASDAQ:ANSS)は、本日システムオンチップ(SoCs)での電磁界クロストークソリューションを提供する産業界のリーダーであるHelic社を買収する正式契約を締結したことを発表しました。このHelic社の買収により、同社のソリューションをANSYSの主力製品である電磁界および半導体ソルバーと統合することにより、ANSYSはオンチップ、3D集積回路およびチップ-パッケージ-システムでの電磁界およびノイズ解析に対する包括的なソリューションを提供することができるようになります。この買収は2019年の第一四半期に完了する予定です。買収に関する詳細と2019年の業績見通しは買収完了後に発表されます。

5G、AIやクラウドコンピューティング等のメガトレンドは、2GHz以上のオンチップ周波数の使用やシングルパッケージの複雑なマルチプルシリコンダイの使用を増進し、半導体チップの設計がますます複雑になっています。このような複雑な設計では、一つの信号による電場および磁場による不要な干渉がさらに他の信号との干渉をもたらし電磁界のクロストークが発生することがあります。Helic社のソリューションは、半導体のトップ企業がその先進のSoC設計における電磁界のクロストークの問題を解析・解決してシリコンの機能不良のリスクを低減する支援をします。これを電磁界およびパワーインテグリティノイズ解析のANSYSソリューションと組み合わせることにより、エンジニアは電磁界を考慮した設計手法を展開してすべての先進ノードでデバイスを設計、ダイサイズを最適化し、直流から110GHzまでの範囲で有害な電磁的影響を詳細に把握することができます。

カリフォルニア州のサンタクララに本社を持つHelic社には、ギリシャ、日本およびアイルランドを含め50人以上の社員がいます。その包括的な製品スイートには、サブ10 nm技術用の非常に複雑な回路に対する電磁界モデリングとシミュレーションがあります。Helic社の製品は、高周波数の無線トランシーバー、図形処理ユニット、マルチコアプロセッサの高速I/Oやイメージセンサー、さらには他のIoT接続機器への適用に至るまで、世界中のお客様に有効活用されています。

「電磁界ノイズは設計上の大きな課題となっており、オンチップのさらなる電磁界解析のニーズが高まっています。マルチフィジックスシミュレーションのリーダーとして、ANSYSは既に優れたオンチップ電磁界および半導体ソリューションを市場に提供しています。この買収により、Helic社の産業界をリードするオンチップ電磁界ソリューションがANSYSのソリューションファミリーに取り込まれ、当社のパワーインテグリティノイズ解析におけるリーダーシップを強固なものにし、お客様が5G、AIおよびクラウドコンピューティングのマーケットニーズに対応する手助けとなります。」(ANSYS、副社長兼ジェネラルマネージャー、John Lee)

「Helic社はANSYSファミリーの一員となることをとても嬉しく思っています。この買収はANSYSとHeilc社の両社のお客様にとって大きな利便性をもたらすでしょう。ANSYSのお客様は、ANSYSの主力製品であるエレクトロニクスおよび半導体ツールに統合されたオンチップ電磁界ソルバーに簡単にアクセスすることができるようになります。Helic社のお客様は、ANSYSのマルチフィジックスおよびチップ-パッケージ-システム用のプラットフォームを用いることができる利便性を得ることができるでしょう。」(Helic社、社長兼CEO、Yorgos Koutsoyannopoulos氏)

ANSYSについて
ロケットの打ち上げをご覧になったり、飛行機で空を旅したり、車を運転したり、橋を渡ったり、PCを使ったり、モバイルデバイスの画面にタッチしたり、あるいはウェアラブルデバイスを身に付けたりされたご経験はおありでしょうか。それらの製品は、ANSYSのソフトウェアを使って生み出されたものかもしれません。ANSYSは、工学シミュレーションの世界的リーディングカンパニーとして、今までにない優れた製品の誕生に貢献しています。最高水準の機能と幅広さを備えた工学シミュレーションソフトウェアの提供を通じ、ANSYSは、最も複雑な設計上の課題であっても解決を支援し、製品設計の可能性を想像力の限界まで押し広げています。1970年に設立されたANSYSは、本社を米国のペンシルバニア州ピッツバーグ南部に置いています。詳細は、 www.ansys.com をご覧ください。

ANSYS、ならびにANSYS, Inc.のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。

アンシス・ジャパン株式会社(ANSYS Japan K.K.)は、米国ANSYS, Inc. 100%出資の日本法人です。ANSYS, Inc.のCAEソフトウェアを日本で販売し、あわせてサービス、サポート体制を確立するために設立されました。

ANSS-F

Contact

Media
Amy Pietzak
724.820.4367
amy.pietzak@ansys.com

Investors
Annette Arribas, CTP
724.820.3700
annette.arribas@ansys.com

ANSYSへのお問い合わせは、以下をクリックしてください

お問い合わせ先
Contact Us
お問合せ