Spring 2018

A New Electrification Revolution

Dimensions — Spring 2018

Today’s business environment is extremely competitive and driven by product engineering innovation. This issue of Dimensions magazine explores how world-leading companies tackle challenges including electrification, smart products, the need for more computing power and digital healthcare through pervasive engineering simulation.

Save PDF
  • 再定義されるシミュレーション

    未来の製品が現実のものとなるには、エンジニアリングシミュレーションの変革が必要です。 あらゆる製品のライフサイクル全体にわたり、すべてのエンジニアが利用できるツールへと進化します。 この進化なしに、インダストリー4.0 によって生まれたチャンスをものにすることはできません、行動しなければ、イノベーションに後れを取ります。
  • .

    新しい電化革命

    電化によるエネルギーの需要、生産、および消費に対する新しい要件に、組織は適応しなければなりません。
  • デジタル時代向けの色あせないデザイン

    高級感溢れるデザインと最高品質の製品で高い評価を得ているSub-Zero 社は、画期的なイノベーションを生み出すことも目指しています。 これは、今日ではスマート製品の機能性と接続性の付加を意味します。 先日、Dimensions 誌はSub-Zero 社の主席エンジニアであるAnderson Bortoletto 氏に、製品デザイン面での伝統的な魅力を失わずに、70 年も続いてきた事業をデジタル時代に対応させるための製品開発チームの取り組みについてお話を伺いました。
  • ポンプ市場での大きな期待

    「スマート製品」という言葉を聞いたとき、スマートフォンなどコンシューマ向けデバイスを思い浮かべても,産業機械を連想する人は少ないでしょう。 産業用ポンプの設計で世界をリードするデンマークのGrundfos 社は、その考えを変えようとしています。 Dimensions 誌は、シニアR&D マネージャーであるJakob Vernersen 氏に、新しいデジタル機能とエネルギー効率の向上で、ますます競争が激化している市場で差別化を図り、 顧客に付加価値を提供するためのGrundfos 社での取り組みについてお話を伺いました。
  • 航空業界への大きなインパクト

    航空機の電動化促進の構想を先導するノッティンガム大学では、航空機のパワーエレクトロニクスおよび出力制御を研究するための世界最大規模のグループが編成されました。 同大学のInstitutefor Aerospace Technology のディレクターを過去に務めたHervé Morvan 氏は、この構想を実現する上でのエンジニアリング課題や事業課題に対して独自の視点を持っています。 先日、Dimensions 誌はMorvan 氏に、環境への影響を減らし、エネルギー効率を高めるために、従来型の航空機設計を電化する進行中の取り組みについてお話を伺いました。
  • 健やかな未来

    これまで何十年もの間、ヘルスケアデバイスの開発にはエンジニアリングシミュレーションが活用されてきました。 今日、規制当局による承認プロセスにおいて、製品性能を立証する際にシミュレーションが導入されることがますます増えており、時間とコストを大幅に節約できます。 先日、Dimensions 誌は多数の実践的先駆者に、規制当局からの承認を得る上でシミュレーションを導入する機会とその課題についてお話を伺いました。
  • HPC を新たな高みに導く

    シュトゥットガルト大学にあるHigh-Performance ComputingCenter Stuttgart(HLRS)は、20 年以上にわたり、Daimler 社やPorsche 社といった大手企業が、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC:High-Performance Computing)資源を戦略的に活用して、自社が抱える複雑なエンジニアリング問題に対応するのを支援してきました。 現在、HLRS は、数多くのこうした企業に対して、社内全体でHPC の利用を最適化するための支援をしています。 先日、Dimensions 誌はHLRS のディレクターであるMichael Resch 氏に、HPC の現在および将来の動向についてお話を伺いました。
  • 産業用モータの活性化

    世界中で稼働するファン、ポンプ、およびコンプレッサーを駆動する数百万台もの産業用モータのエネルギー効率を高めるために、電動機に関する画期的なイノベーションが進んでいます。 その改良目標は、世界全体でのエネルギー使用量のかなりの割合を占めます。 産業用モータの設計を長きにわたって先導してきたTECOWestinghouseMotor 社では、これまでにない速度とエネルギー効率で運用できる画期的な発電機を製造し続けています。

ANSYSへのお問い合わせは、以下をクリックしてください

お問い合わせ先
Contact Us
お問合せ