Ansys Advantage Volume XIV Issue 1 2020

ansys advantage XIV issue 1

インテリジェントモビリティ特集

Ansys Advantage 誌の本号では、Ansys のソフトウェアを使用して画期的な技術を迅速に開発し,現在のモビリティ革命に大きく貢献している世界中のテクノロジー企業の成功事例を紹介します。

ダウンロード バックナンバー パスワード発行

主なストーリー

  • インディアナポリスモータースピードウェイで自動運転車によるレースを開催
    Ansys は、インディオートノーマスチャレンジの独占シ ミュレーションスポンサーです。これは2 年間に渡る賞 金100 万ドルの大会で、2021 年10 月23 日にインディア ナポリスモータースピードウェイ(IMS)で開催される 高速自動運転車(AV)の実際のレースで勝敗を決します。
  • ADAS の認識、予測、プランニングを設計
    前方衝突警告システム(FCW)、自動緊急ブレーキシステム(AEB)、車線逸脱警報システム(LDW)、 車線維持支援システム(LKA)、死角監視システム(BSM)などの先進運転支援システム(ADAS) は,SCANeR を採用したAnsys VRXPERIENCE Driving Simulatorを使用することで解析可能です。
  • ご挨拶

    モビリティ競争に勝つ

    私たちは、人や商品を輸送する方法を変える可能性を秘めている大き なモビリティ革命の幕開けを迎えています。自動運転車は、通勤の安 全性と生産性を高める可能性があります。
  • ベストプラクティス

    ADAS の認識、予測、プランニングを設計

    前方衝突警告システム(FCW)、自動緊急ブレーキシステム(AEB)、車線逸脱警報システム(LDW)、 車線維持支援システム(LKA)、死角監視システム(BSM)などの先進運転支援システム(ADAS) は,SCANeR を採用したAnsys VRXPERIENCE Driving Simulatorを使用することで解析可能です。
  • 調査統計

    自動運転車が人間を凌ぐのはいつか?

    「Ansys Global Autonomous Vehicles Report」では、自動運転車(AV)に 対する消費者の様々な意識を明らかにしています。このレポートにより、消費者が自動運転機能に高い期待を寄せ ており、生きている間に自動運転車に乗ることに対して抵抗を感じていないこと が判明しています。
  • 自動運転

    インディアナポリスモータースピードウェイで自動運転車によるレースを開催

    Ansys は、インディオートノーマスチャレンジの独占シ ミュレーションスポンサーです。これは2 年間に渡る賞 金100 万ドルの大会で、2021 年10 月23 日にインディア ナポリスモータースピードウェイ(IMS)で開催される 高速自動運転車(AV)の実際のレースで勝敗を決します。
  • AI

    自動運転認識システム

    Hologram によって強化されたAnsys SCADE Vision が、認識検出の不具合 (エッジケース)の特定を自動化し、自 動運転車の発展に寄与している例をご 紹介します。
  • 電磁界解析

    地中レーダーの シミュレーション

    自動運転車が走行している道路の下に何があろうと大した問題ではない ように思えますが、WaveSense 社のエンジニアは、道路下の地形を マッピングして、いかなる条件でも正確に位置を特定できるシステム を電磁界ソリューションAnsys HFSS を利用して開発しています。
  • ビームステアリング

    路上の新たな目

    レーダーおよび5G スタートアップ企 業であるMetawave 社は、 遠距離や 悪天候などの従来の課題を克服する画 期的な自動運転車用レーダープラット フォームをAnsys HFSS を利用して 開発しました。
  • アンテナ設計

    何もないところからエネルギー を抽出

    Teratonix 社は、「モノのインターネット(IoT)」センサーに電力を供給するために、Ansys HFSS とAnsys Electronics Desktop を使用して環境RF 信号を収集して電気に変換できる高周波発電装置を設計しました。
  • チップ設計

    物理的な検証の複雑度

    Xilinx 社のエンジニアはビッグデータアナリティクスを活用して、最先端のチップに対する検証フローを簡素化し たいと考えました。そして、フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA:Field- Programmable Gate Array)の開発時に、その答えを求めてAnsys に注目しました。
  • 熱交換

    熱交換器の規制に迅速に対応

    Grantec Engineering 社では最近、さまざまな凝縮・蒸発熱交換器について、規制当局からの承認を 迅速に得るため、Ansys Mechanical を使用して有限要素法解析(FEA:Finite Element Analysis) ベースの強度評価を実行しました。
  • 熱交換

    シミュレーションで大きな節減を実現

    ボイラーと 再生可能エネルギー製品のメーカーであるFerroli 社は、Ansys Fluent を用いて 市場要件に対応した高効率な熱交換器の開発に着手しました。その結果、同社の エンジニアは、優れたロバスト性と高性能を特長とする、凝縮式熱生成器の最適な 設計が可能になりました。
  • 熱交換

    安全性が求められる溶融塩冷却炉のシミュレーション

    既存技術を改良するため、Kairos Power 社はAnsys Fluent とAnsys Mechanical を用いて、低圧・高温の 原子炉向け熱輸送システムを開発しています。
  • クラウドコンピューティング

    クラウド上での高速な流体シミュレーション

    解析を迅速かつ適正なコストで実施するため、トーヨーエイテック社のエンジニアは、自社内にハイパフォーマン スコンピューティングシステムを導入するのではなく、クラウドサービスを介してAnsys Fluent を利用しモデル ベースのCAE を行いました。
  • イノベーションショーケース

    Ansys Hall of Fame 受賞者

    Ansys Hall of Fameでは、エンジニアがどのようにAnsys のシミュレーションソリューションを活用してきたかを紹介しています。Hall of Fame の規模は2020 年に大きく成長して、応募総数は2019 年比で21% も増加しています。20 近い 国から応募があり、企業部門と学術部門に分類されました。
  • 解析

    Simulation in the News (英語)

    英語となります。

ANSYSへお問い合わせください

お問い合わせ先
お問合せ