ANSYS Advantage Issue 3, 2019

構造解析特集

本号では、世界中のお客様がどのように陽解法動解析、自動設計解析、付加製造技術 (Additive Manufacturing)、材料データを活用して、最先端の製品をより効率的に開発しているのかご紹介します。

ダウンロード バックナンバー パスワード発行
  • ご挨拶

    クラス最高のソリューションをさらに改良

    新しい技術トレンドが登場し、業界のニーズが変化していくなかで、ANSYS Mechanicalはこの先何年にも渡って、世界で最も革新的な構造シミュレーションソリューションとして評価されつつ、業界標準としての地位を維持し続けるでしょう。
  • ベストプラクティス

    新たな業界標準を確立

    ANSYS Mechanical の最新のアップデートでは、破壊や音響などの複雑な問題を解析する速度、性能、処理能力が大幅に向上しました。
  • 陽解法動解析

    Ansys、LSTC 社を買収し、先進的なマルチフィジックスシミュレーションへのアクセスを拡大

    ANSYS がLSTC 社を買収したことで、両社の顧客は、自動走行車や電気自動車などに使われる複雑なシステムのエンジニアリング上の課題の克服に寄与するLS-DYNAのより深いインテグレーションが期待できます。
  • エレクトロニクス

    より強力なサーバーを提供

    IBM 社は、高価なサーバーの物理的な落下試験から得られる計測値が、ANSYS LS-DYNAによる落下試験シミュレーションの結果とほぼ一致することに気づきました。
  • 構造解析

    日々の単調な作業を自動化

    ANCA Machine Tools 社のエンジニア は、50 時間に渡って人間が介在すること なく自動的に動作できるコンピュータ数 値制御機械を開発するために、ANSYS Mechanical シミュレーションを使用し ました。
  • 自動設計解析

    市場投入期間を短縮

    世界最大のAC ドライブメーカーの1 つ であるDanfoss A/S 社では、ANSYS Sherlock を使用して、新しいAC ドラ イブの市場投入期間を大幅に短縮してい ます。
  • 付加製造技術

    付加製造技術を支えるサポート構造

    ピッツバーグ大学の研究者は、金属付加製 造技術に不可欠なサポート構造が受ける応 力と変形をより迅速かつ簡単にシミュレー ションできる手法を開発しました。これに より、格子ベースのトポロジー最適化を利 用して、支持体をより軽量化し、製造コス トおよび時間を低減することが現実的にな りました。
  • 材料

    正確な材料データを 使用してシミュレーションを レベルアップ

    ANSYS Granta Materials Data for Simulationは、 700 種類以上の材料データと、ANSYS のシミュレーションをサポートするために 特別に選ばれた特性データから成るデータ セットです。
  • 付加製造技術

    付加製造技術で発生する ひずみを低減

    ANSYS Additive Printを利用しているRosswag Engineering社のエンジニアは、プリント前にひずみを求めて、ゆがみ、応力、ブレードの衝突を排除し、製造回数を削減しています。
  • 複合材料シミュレーション

    グライダーの飛行距離と速度をアップ

    エンジニアがセールプレーン(グライダー)の翼にかかる抗力を低減して速度と飛行距離をアップさせるには、翼の表面積をそぎ落とす必要がありました。この複雑なプロジェクトに取り組むには、流体、構造、複合材料の各課題を並行して解決する必要があり、その唯一の方法がエンジニアリングシミュレーションでした。
  • マルチボディダイナミクス

    スクーターおよび オートバイ設計の シミュレーションの前途

    二輪および三輪自動車の大手メーカーであるPiaggio Group社では、安全性と顧客満足度の向上に常に取り組んでおり、エンジニアが日常的にシミュレーションソフトウェアを使用してエンジン設計を最適化しています。現在、同社のエンジニアリングチームは、剛体/弾性体ソルバーが組み込まれたマルチボディダイナミクスソリューションを評価しています。
  • 石油・ガス

    様々な風向きに対応して、海洋プラットフォームの ヘリコプターデッキを最適化

    ブラジルの多国籍企業Petrobras社では、ANSYS CFDを使用して、風の流れと乱流をモデリングし、ヘリコプターが海洋石油・ガス設備のヘリコプターデッキに安全にアクセスできるかどうかを確認しています。
  • 自動車

    制御への取り組み

    ほぼ10年近く、SUBARU社はANSYS SCADEソリューションに信頼を寄せて、電子制御ユニット(ECU:Electronic Control Unit)の基盤となるソフトウェアコードを同社の電気自動車プログラム向けに開発してきました。
  • 半導体

    チップの複雑化に対するスケーラブルなアプローチ

    エンジニアは、所要時間を短縮するだけでなく、システムオンチップ(SoC)設計を注意深く調査して改善できる高い柔軟性も提供する電子設計自動化ツールを求めています。
  • 構造解析

    海中での安定性の評価

    EDRMedeso社では、構造シミュレーションを使用して、石油・ガス会社が海底とパイル構造の相互作用を適切に把握できるよう支援することで、コストを節約しました。
  • NEWS

    Simulation in the News (英語)

    英語サイトとなります。

ANSYSへお問い合わせください

お問い合わせ先
Contact Us
お問合せ