ANSYS Advantage Issue 1, 2019

ANSYS Advantage Issue 1, 2019

Spotlight on Electrification

輸送から産業用機械に至るまで、私たちの周りの世界の電動化が進み、エネルギーの生産、供給、消費のあり方が変わりつつあります。また、こうした変化は従来の製品開発プロセスに大きな影響を与えています。ANSYS Advantage誌の本号では、エンジニアリングシミュレーションが電動化革命に貢献している革新的なプロジェクトをいくつか紹介します。本誌が、どのようにすれば製品の電動化に向けたグローバルな取り組みをリードできるかをイメージするのに役立つことを願っています。

ダウンロード
  • ご挨拶

    革命を強力に推進

    輸送から産業用機械に至るまで、私たちの周りの世界の電動化が進み、エネルギーの生産,供給,消費のあり方が変わりつつあります。
  • ベストプラクティス

    電動化の未来につなげる取り組み

    エンジニアリングシミュレーションは、「エンジニアが製品設計における電動化のメリットを理解し、実現することを支援する」という重大な役割を担っています。
  • 自動車

    電気自動車のパフォーマンスを最大限に高める

    Volkswagen Motorsport 社は、ANSYS Twin Builder を使用して、電気および熱パラメータを考慮した6 ステップのマルチフィジックスシミュレーションを実施し、バッテリーモデルの設計と妥当性確認を行いました。
  • 自動車

    大規模なバッテリーシステムの管理

    組込みソフトウェアと機能分析に対応するANSYS のソリューションを利用すれば、信頼性が高く安全で効率的なバッテリー動作を実現するバッテリー管理システムを開発することができます。
  • 航空宇宙・防衛

    航空機推進システムの電動化

    Zunum Aero 社では、排気ガス量を低減しつつ、短距離旅行に適した航空機を実現するために、電動化に取り組み、ハイブリッド電気システムを開発しています。
  • 自動車

    最小抵抗の経路

    Fiat Chrysler Automobiles 社は、落雷に強い未来の車両を設計できるようにするため、ANSYS の電磁界シミュレーションソフトウェアを使用して落雷をモデリングし、車両の電子機器に対する影響を予測しています。
  • 自動車

    次世代の電気自動車用モータの騒音を低減

    Continuous Solutions 社は、電磁界シミュレーションソフトウェアANSYS Maxwell を使用して、農業機械、鉱山機械、民間・軍事アプリケーション用トラクションモータの電動化に使われるSRMのトルクリップルを90%、全体の騒音を50% 低減しました。
  • エネルギー

    電動化ソリューションにおけるモータと発電機

    発電装置市場では、環境に優しく信頼性の高い低価格の製品が求められるようになり、競争が日々激化しています。Marelli Motori 社では、ANSYS Maxwell、ANSYS Mechanical、ANSYS CFX を使用してマルチフィジックスシミュレーションを実施し、顧客から支持されるオーダーメードソリューションを提供することで、こうした要求に応えています。
  • エネルギー

    将来に向けてパワーアップ

    WEG Energy 社では、信頼性の高い再生可能エネルギー装置を開発するために、設計プロセス全体で、さらには製品の運用時にも、ANSYS のソリューションを利用しています。
  • エネルギー

    過酷な熱から核融合炉を保護

    フランス原子力・代替エネルギー庁(CEA)のエンジニアは、1 億5,000 万℃に達するプラズマ温度に晒されなければならない核融合炉部品の設計と保護に伴う困難な課題を克服するために、ANSYS のソフトウェアを使用しています。
  • エネルギー

    太陽を追尾

    CPP Wind Engineering 社では、シミュレーションを利用して、空力弾性不安定性の原因を特定し、この現象を防止できる運用条件と設計変更点を明らかにしました。
  • エネルギー

    ひずみの予測に伴う悩みを緩和

    Cummins Power Systems 社のチームは、True-Load のひずみ相関モデルとANSYS Mechanical の全体構造解析を統合して、シミュレーションワークフローを強化することで、発電機装置の耐久性をモデル化するという数十年前からの課題に新たな改善策を生み出しました。
  • エネルギー

    フェイルセーフのデジタルツイン

    Phoenix Contact Electronics 社のエンジニアはANSYS ソフトウェアを用いて、セーフティーリレーのデジタルツインを開発しました。これは、リアルタイムのセンサーデータとシミュレーション結果を組み合わせて、故障を事前に予測するというものです。この仕組みにより、ラインが稼働していない間に、リレーの交換や修理を行うことができます。
  • 半導体

    5G ネットワーク インフラストラクチャ設計を加速

    eSilicon 社は、設計検証手法にANSYSによるチップ- パッケージ- システムのモデル化・シミュレーションソフトウェアを用いて、進化し続ける市場にタイムリーにかつ正確に対処しています。
  • アカデミック

    レースカーのフレーム構造の軽量化および強化

    E-AGLE Trento レーシングチームは、ANSYSの付加製造技術ソリューションおよびANSYS Mechanical のトポロジー最適化機能を利用して、軽量化とジョイントの強化が施されたレースカーを設計しています。
  • NEWS

    Simulation in the News (英語)

    A roundup of news items featuring simulation
  • エネルギー

    核融合エネルギーはボトルの中の太陽

    イタリア経済振興省・新技術エネルギー環境局(ENEA)のエンジニアはANSYS Mechanical とANSYS SpaceClaim を用いて、現在の発電所と同じスケールで核融合エネルギーを生成する原型炉、DEMOnstration PowerStation(DEMO)プロジェクトで重要構造の設計を最適化しようと取り組んでいます。
  • エネルギー

    開閉装置の電流による応力の削減

    Lucy Electric 社のエンジニアは、この動電力を推定するとともに、ANSYS Mechanical を用いて、特殊な消弧板の形状、配置、および耐久性を最適化しました。シミュレーションによって、同社は開閉装置の設計性能を迅速かつ経済的に向上させ、信頼性の高い優れたエネルギー製品を市場に投入しました。
  • エネルギー

    太陽光発電インバーターの寿命維持

    ピッツバーグ大学の研究者はインバーターの試作段階に移行する前に、ANSYS シミュレーションソフトウェアを用いて、インバーターの電気的特性と熱的特性を評価しています。これにより、製品開発プロセスの早い段階で、設計者が適切な意思決定を行うことが可能になります。
  • ヘルスケア

    付加製造技術とシミュレーションによってオーダーメイドのインプラントを改良

    インプラントを必要とする患者に効果的な治療を提供するため、新興企業のVOLMO 社は他社に先駆けて、患者の個人データをコンピュータモデルに変換するソフトウェアツールの開発に取り組んできました。このプロセスでは、付加製造技術によるモデル製造に先立つシミュレーションや仮想試験の段階で、ANSYS Mechanical が活用されています。
  • 実践的先駆者

    ANSYS による 「シフトレフト」構想

    このインタビューでは、ANSYS の副社長兼半導体部門ジェネラルマネージャー、John Lee と、Synopsys 社のサインオフ製品担当上級副社長、Jacob Avidan 氏に、ANSYS とSynopsys 社のコラボレーションによる成果についての見解と、このコラボレーションが新たな技術に伴う課題への取り組みをどのように支援するかについて尋ねました。

ANSYSへのお問い合わせは、以下をクリックしてください

お問い合わせ先
Contact Us
お問合せ