ANSYS Advantage - Volume XII, Issue 2, 2018

ANSYS Advantage Magazine, Volume 12, Issue 2

スマートコネクテッドプロダクト

スマートコネクテッド製品はいたるところで活用されています。 シミュレーションは、急激に変化する市場でこうしたシステムや機器が 高い信頼性とコスト効率を維持するために必要なトレードオフを確実に行える唯一の現実的な方法です。

ダウンロード
  • ご挨拶

    第一歩を踏み出すスマートコネクテッド製品

    スマートコネクテッド製品技術を利用し始めるにはどうすればよいのでしょうか?
  • ベストプラクティス

    スマート製品の機能向上、 コネクティビティー、 効率の向上を実現

    スマートコネクテッド製品のイノベーションを推進し続けているエンジニアリングチームが電力効率やシグナルインテグリティなどの設計上の課題の複雑さを迅速に克服するにはどうしたらよいでしょうか? その答えは、「シミュレーションを利用する」ことです。
  • エレクトロニクス

    RFID を正しい方向へ

    エンジニアは、シミュレーションを利用して、RFID システムの新しいコンセプトを仮想的に評価し、製品開発リードタイムを大幅に短縮しました。
  • 先端技術

    スマート製品に対応する 5G アンテナ技術

    5G では、新しいアンテナ技術を利用して、 限られた帯域幅で大量の通信を処理する必要があります。
  • 先端技術

    スマートフォンの熱制御

    Qualcomm 社のエンジニアは、スマートフォン全体の熱解析に必要な時間の数分の1 で、スマートフォンの熱源をシミュレーションしています。
  • 航空宇宙・防衛

    鳥瞰図を提供する気球搭載型運搬機

    World View 社のエンジニアは、人工衛星に代わる気球搭載型運搬機のプロトタイプの製作と試験を行う前に、シミュレーションを使用して適切な設計を特定し、約 8 ヵ月の期間と約 60 万ドルの費用を節約しました。
  • 先端技術

    有線から無線へ

    エンジニアは、小さな筐体に高出力送信機を組み込むことによって生じる発熱問題にANSYS のシミュレーションソフトウェアを用いて取り組みました。
  • ヘルスケア

    動脈瘤治療に効果的なデジタルツイン

    ある企業が脳動脈瘤の効果的な治療法を提供するために、医師が処置中にインプラント機器の留置位置を決定するのに役立つデジタルツインを開発しました。
  • 自動車

    自動車用パワーモジュールに発生する亀裂

    エンジニアが ANSYS の構造解析機能を使用したことで、信頼性の高いパワーステアリングモジュールを従来の半分の期間で開発することができました。
  • 実践的先駆者

    小型人工衛星の開発を推進

    スタートアップ企業である Vector 社は、 超小型人工衛星を開発することで、新世代の中小企業が宇宙開発競争に参加できるチャンスを提供しています。
  • ヘルスケア

    標的は腫瘍

    研究者は、人のデジタルツインを作成することで、薬を 90% の効率で肺腫瘍に沈着させることができます。
  • 自動車

    エンジン設計のクールなアイデア

    Achates Power 社は、2 ストローク対向ピストン内燃機関を大幅に改善し、燃料効率の向上と温室効果ガスの排出量削減を図りました。
  • ソリューション

    光学シミュレーションを詳しく解説

    ANSYS は、OPTIS 社を買収して、ソフトウェア製品群を拡大し、光、ヒューマンビジョン、物理ベースの可視化のエンジニアリングシミュレーションにも対応しました。
  • ニュース

    Simulation in the News (シミュレーションニュース)

    ANSYS とSAP 社、エンジニアリングとオペレーションのバリューチェーンの豊富なデータから得られるインサイトを明らかにするためにパートナーシップを締結
  • WEB限定記事

    コネクテッド/ 自律走行車 — 実践的先駆者の視点

    Burkhard Goeschel 博士は、過去に Magna 社の CTO と、BMW 社取締役会のメンバーを務め、現在は FIA(国際自動車連盟)の代替パワートレイン技術委員会を率いて、自動車産業の発展とモーター スポーツに精力的に取り組んでいます。このインタビューでは、新しい自律走行車とコネクティビティーの世界について知見を語っていただきました。

ANSYSへのお問い合わせは、以下をクリックしてください

お問い合わせ先
Contact Us
お問合せ