ANSYS Advantage - Volume XII, Issue 1, 2018

ANSYS Advantage - Volume XII, Issue 1, 2018

特集:自律走行車

数年以内に完全自律化を実現しようと各社がしのぎを削っていますが、この競争に勝つには、多くの高度なエンジニアリング問題を克服しなければなりません。ANSYS Advantage誌の本号をお読みになれば、完全自律化に向けた取り組みにシミュレーションが欠かせないことが分かります。

ダウンロード
  • ご挨拶

    未来の自動運転

    自律走行車は、グローバルな自動車業界や航空宇宙業界などの様々な業界に革命を起こそうとしています。
  • エンジニアリングシミュレーションの活用拡大

    シミュレーションを再定義

    現在、性能のあらゆる側面を調査し、改善するには、製品ごとに製品ライフサイクル全体に渡ってシミュレーションを日常的に使用する必要があります。
  • ベストプラクティス

    完全自律化を実現

    エンジニアリングシミュレーションは、完全自律走行車の実現に不可欠です。
  • ソフトウェアおよびアルゴリズム開発

    安全運転

    考えられるあらゆる運転シナリオを処理するようにコンピュータをプログラミングすることは不可能であるため、現在の自律走行システムには、人間のように学習し考えるプログラムが組み込まれています。
  • 半導体シミュレーション

    安全走行

    自動車の乗員の安全が電子機器に依存することが多くなっています。この機器の不具合を回避するには、エンジニアリングシミュレーションが不可欠です。
  • センサーシミュレーション

    レーダーの実装

    Autoliv 社では、ANSYS の電磁界シミュレーションソフトウェアを使用して、レーダー実装シナリオを評価し、信頼性の高いシステムの開発と、費用のかかる設計変更の回避に努めています。
  • センサーシミュレーション

    道路と線路における自律走行に向けて

    Autodrive 社では、道路および線路に敷設されたプラスチック製コードマーカーを使用して車両の位置を正確に特定し、安全性を向上させ、交通容量を増やせる技術を開発しています。
  • センサーシミュレーション

    自律走行車用レーダー: シミュレーションによってレーダーの性能向上を実現

    自動車用レーダーシステムが確実に動作し、 正確な入力データを車両制御システムに送ることを確認するには、高度なエンジニアリングシミュレーションを使用する必要があります。
  • 製造

    シミュレーションと付加製造技術により迅速な金型設計を実現

    Senior Flexonics 社のエンジニアは、新しい小型液体 / 空気熱交換器用のフィン付きチューブを製造する金型を、ANSYS のソリューションを使用して検証しました。
  • 自動車

    窓ガラス振動による車室内騒音の解析

    Corning 社 の エ ン ジ ニ ア は、ANSYS Workbench で空力解析と振動 - 音響解析を組み合わせて実施し、どのようにすれば窓ガラスによって車内騒音を制御できるかを調べました。
  • 石油およびガス

    オンショア掘削現場向けの堅牢な足場

    ぬかるんだ地面から採油装置や作業者を守る新しいベースボックスの開発時間を90% 短縮できました。
  • 石油およびガス

    モジュール型坑口装置の設計

    WEFIC 社は、ANSYS のシミュレーションを利用して坑口装置のコンポーネントの設計案を評価し、開発期間を約 60% 短縮しました。
  • CONSTRUCTION

    Turn Up the Heat in a Rooftop Heating Unit

    Using simulation to design a rooftop heating unit that meets that meets energy efficiency goals saved 60 to 80 hours of testing.
  • 建設

    屋上暖房装置のエネルギー効率を向上

    エネルギー効率の目標を達成する屋上暖房装置の設計にシミュレーションを利用したことで、試験にかかる時間を 60 ~ 80 時間ほど短縮できました。
  • NEWS

    Simulation in the News (英語)

    A roundup of news items featuring simulation

ANSYSへのお問い合わせは、以下をクリックしてください

お問い合わせ先
Contact Us
お問合せ