ANSYS Advantage

ANSYS Advantage - Volume X, Issue 1, 2016

特集: 熱制御

昨今の最先端製品の設計では、製品を極度な条件下で動作させることが多く、製品から発生するエネルギーの管理が困難になります。熱を適切に管理しなければ、エネルギーの非効率な利用や性能低下のほか、近くの人員に安全上および健康上の問題を引き起こしかね ない装置故障が生じ、コストが増大する恐れがあります。本号では、多くの業界が抱える非常に困難な熱管理問題を解決するために、ANSYS ユーザーの中でも独創性に優れた数社が、ANSYS のエンジニアリングシミュレーションソフトウェアをどのように利用したかを説明しています。これらの記事が読者の皆様の参考になればと思います。

ANSYS Advantage をご覧になるには、パスワードが必要です。

パスワードは、こちら よりお申込みください。

ダウンロード バックナンバー パスワード発行
  • ご挨拶

    ホットな製品を設計 [PDF]

    新製品の開発に際しては、外観上および経済上の理由から、その熱シグネチャー(動作環境で放出/ 吸収する熱エネルギー)を管理することが重要になります。エンジニアリングシミュレーションを導入すれば、このシグネチャーの最適値を見つけ出し、性能と耐久性 に優れた製品を開発できるようになります。
  • News

    Simulation in the News (英語)

    エンジニアリングシミュレーション関連ニュースのまとめ (英語)
  • ベストプラクティス

    熱問題を解決 [PDF]

    すべての製品およびプロセスには、これらが最も効率的に動作する温度範囲である熱的快適域があります。
  • 消費財

    シャワーヘッドの革新 [PDF]

    初创型公司Nebia志在改变淋浴体验。
  • 思想领导者

    “冷酷”到底,趋势引领

    家庭用電化製品メーカーは、小型化が進むパッケージに増大する機能を搭載しようとしており、熱管理が重要な設計課題となっています。
  • 航空宇宙・防衛

    空調システムの性能向上を実現 [PDF]

    乗客の快適性と安全性を確保するには、飛行中と着陸時における機外の極端な温度差と気圧差を調節する必要があります。
  • エレクトロニクス

    高速热仿真

    Fairchild Semiconductor 社のエンジニアは、次数低減手法を使用して、電気自動車とハイブリッド電気自動車に必要なコンポーネントの開発期間を短縮しました。
  • ターボ機械

    新技術によるタービン冷却流路の設計 [PDF]

    タービンは,燃料消費を削減するために非常に高い温度で運転しなければならない一方で、構造の完全性を保ちつつ耐用年数要件を満たすために内部冷却を行う必要があります。
  • 自動車

    让模块“冷酷到底”

    自動車の複雑化が進むなか、その機能を支える電子機器を製造しているメーカーは、システムの信頼性と安全性を高める必要に迫られています。
  • 自動車

    エンジンルーム内のエレクトロニクス [PDF]

    最新の自動車に搭載されているエレクトロニクスは、性能や信頼性を低下させることなく、高温のエンジンルーム環境で動作しなければなりません。
  • 消費財

    LED 照明器具の除熱 [PDF]

    DuPont 社のエンジニアは、LED 照明器具の熱を除去するため、ANSYS CFD シミュレーションを使用して、自社独自の基板の内部温度を正確に予測しました。この情報はシミュレーションなしでは得られません。
  • エネルギー

    メソからマクロスケールを繋ぐ固体高分子形燃料電池シミュレーションの技術開発 [PDF]

    燃料電池システムにより家庭での発電が実現します.パナソニックは,シミュレーションを利用して燃料電池システムのコストを削減することで、その商品性を高めました。
  • ターボ機械

    省エネを実現する遠心圧縮機を設計 [PDF]

    回転機械メーカーであるContinental Industrie 社は、ANSYS の統合型ターボ機械設計プラットフォームを使用したことで、排水処理時に2 ~ 5% の省エネを見込める遠心圧縮機を設計できました。
  • 建筑

    複雑な曲面を持つ鉄道駅を解析 [PDF]

    柔軟性に優れたシミュレーションソフトウェアが、複雑な曲面を持つ鉄道駅の構造解析にかかる期間を大幅に短縮しました。
  • ヘルスケア

    補聴器の指向性を最適化 [PDF]

    Oticon 社では、マルチフィジックスシミュレーション機能を使用し、各着用者に合わせて補聴器の指向性を最適化しています。
  • ソリューション

    熱荷重の影響を把握 [PDF]

    ECAD 形状の新しい簡略化手法により、熱荷重下でのプリント基板の反りと挙動を予測することが現実的になりました。
  • Web Exclusives - ヘルスケア

    新しい人工股関節置換手術 [PDF]

    ANSYS のソフトウェアを使用して、各患者の骨にかかる応力とひずみをシミュレーションし、新しい人工股関節置換手術法を調査
  • ヘルスケア

    大腿骨と金属ステムを確実に固定 [PDF]

    ANSYS のシミュレーションソフトウェアを使用して、股関節インプラントの位置を決定し、インプラントと骨の固着を最適化
  • 芸術品保存

    度重なる落雷への対策 [PDF]

    リオデジャネイロにあるコルコバードのキリスト像は何度も落雷にあっていますが、マルチフィジックスシミュレーションを利用すれば、損傷を受ける可能性のある場所を予測して、避雷針を設置し、この国宝を守ることができます。

ANSYSへお問い合わせください

お問い合わせ先
Contact Us
お問合せ