ANSYS Advantage - Volume VIII, Issue 3, 2014

ANSYS Advantage - Volume VIII, Issue 3, 2014

ハイテクのスポットライト

自動車メーカーとそのサプライチェーンは、燃費基準、潜在的な保証問題(評判と財務上の影響)、ハイブリッド車と電気自動車(H / EV)への移行といった、今日の問題のいくつかに対処するためにエンジニアリングシミュレーションをすでに適用しています。また、自動運転車のような革新的なテクノロジーという大きなアイデアも取り入れています。 しかし、成功の鍵は、業界がシミュレーションの全体像の力を活用して、革新し、消費者の要求を満たし、厳しい規制要求に準拠し、開発期間、コスト、およびパフォーマンスの目標をどのように満たすかです。

ダウンロード バックナンバー パスワード発行

主なストーリー

  • 「モノのインターネット」のエンジニアリング
    私たちの日常を取り囲む様々な電子機器は、目に見えるものだけでなく見えない所でもその使用が広がっており、社会のネットワーク化が進んでいる。アンシスでは、高性能な電子機器およびシステムを確実かつ経済的に設計できる包括的なシミュレーションソフトウェア製品を提供している
  • 電磁界と熱の相互作用
    高電力用アンテナとマイクロ波部品のロバストなエレクトロニクス設計を実現するマルチフィジックスシミュレーション
  • ネットワークソリューションの技術革新
    ANSYS HFSS、革新的な通信およびネットワークソリューションの開発を支援
  • EDITORIAL

    ご挨拶

    テンポの速い、非常に競争の激しいグローバルハイテク産業は、画期的な製品の革新と急速な市場の立ち上げが特徴です。 シミュレーションは、市場のリーダーが革新的な新機能を迅速に導入するために不可欠な手段を提供しますが、基本的な製品の約束を守ります。
  • NEWS

    Simulation in the News

    英語でのご提供となります。
  • 実践的先駆者

    革命の火付け役

    Ed Godshalk 氏は30 年に及ぶキャリアを通じて、ハイテク業界で最も重要ないくつかの製品開発および試験技術のパイオニアとして業界をリードしてきた。同氏は長い間、シミュレーションを利用してマイクロ波と電子機器の設計に取り組んでいる。本稿では、同氏がエンジニアリングシミュレーションの歴史的役割について解説するとともに、シミュレーションが大きく貢献すると思われる未来を展望する。
  • ベストプラクティス

    「モノのインターネット」のエンジニアリング

    私たちの日常を取り囲む様々な電子機器は、目に見えるものだけでなく見えない所でもその使用が広がっており、社会のネットワーク化が進んでいる。アンシスでは、高性能な電子機器およびシステムを確実かつ経済的に設計できる包括的なシミュレーションソフトウェア製品を提供している
  • 試験および計測

    ボックス内の冷却

    世界最速のリアルタイムオシロスコープのキャリブレーションヘッドの冷却に役立っているシミュレーション
  • 家庭用電化製品

    設計改善による開発コストの削減

    Ooma 社は、アンシスのツールを使用した終端電圧レギュレーターを必要としないDDR3 サブシステムの設計により、数十万台規模の生産で1 台当たり50 セントのコスト削減を実現
  • RF・マイクロ波デバイス

    電磁界と熱の相互作用

    高電力用アンテナとマイクロ波部品のロバストなエレクトロニクス設計を実現するマルチフィジックスシミュレーション
  • ワイヤレステクノロジー

    ネットワークソリューションの技術革新

    ANSYS HFSS、革新的な通信およびネットワークソリューションの開発を支援
  • ワイヤレステクノロジー

    ムダのない設計で利益を獲得

    Vortis 社がシミュレーションを利用して、高効率の携帯電話用アンテナの設計時間を最大90% 短縮
  • IC 設計

    IP リスク管理

     FinFET 時代に必要なIP 対応のSoC 電源ノイズ/ 信頼性解析フロー
  • ネットワーキング

    高速ネットワーキングの信頼性向上

    ANSYS HFSS を使用し、費用効率の高い積層材料が毎秒10 ギガビット以上の通信速度に対応できるかどうかを検証
  • プリント基板の設計

    シグナル&パワーインテグリティの維持

    ビッグデータと「モノのインターネット」に対応し、日々進化しているハードウェアの開発は、迅速かつ確実に、しかも短期間で行う必要がある。
  • 流体- 熱システムの設計

    クラウドを活用

    クラウドコンピューティングにより、CFD- 構造連成シミュレーションにかかる時間を80% 短縮
  • 航空宇宙・防衛

    無人航空機の制御

    小規模エンジニアリングチームが無人航空機の制御ソフトウェア(ソースコード125,000 行)の設計、検証、コード生成、システム統合にANSYS SCADE を使用し、従来のハンドコーディングに比べて開発期間を3 分の1 に短縮。
  • アカデミック

    蝶の飛翔

    蝶の翅は定常空力特性で説明できないほど大きな揚力を発生させる
  • 解析ツール

    設計とシミュレーションの融合

    SpaceClaim とANSYS による革新的な設計と解析の緊密な連携
  • 解析ツール

    複雑な電磁界シミュレーションの解析をGPU で高速化 鍵マーク

    GPU コンピューティング分野をリードするNVIDIA 社の技術を利用して過渡電磁界解析を高速化するANSYS HFSS Transient ソルバー
  • アカデミック

    氷床の厚さを予測

    氷冠リモートセンシングセンターの研究グループは、氷河の氷の厚さを測定して氷河のマッピングを行うために小型・軽量の無人航空機システム(UAS)に実装されたコンパクトなレーダーシステムの試験を実施し、成功裏に終了しました。UAS には、パイロットのリスクを排除し、有人航空機の数分の1 程度の燃料しか消費しないというメリットがあります。電磁界シミュレーションソフトウェア「ANSYS HFSS」は、このレーダーシステムのアンテナを物理試験のみの場合に比べて短期間かつ低コストでUAS に実装する上で重要な役割を果たしました。
  • アカデミック

    変圧器コアの小型化

    ピッツバーグ大学とカーネギーメロン大学では、エネルギー省高等研究計画局などの機関と協力し、材料とコストを節約できるパワーシステム用の革新的な高周波磁性ナノコンポジットの開発に取り組んでいます。
  • 機械システムの設計

    数値に基づいた安全確保

    Parsons Brinckerhoff 社では、ANSYS Autodyn を使用した連成オイラー- ラグランジュ法(流体-構造連成)による3 次元非線形有限要素法爆発解析を実施して、一般的な輸送トンネル内の爆発をシミュレーションし、この爆発によるダメージの可能性を予測しました。Parsons Brinckerhoff 社のエンジニアは、コンクリートライニングの厚さや補強鋼の数を増やすといった従来の防護対策と他の対策案の効果を解析してコンクリートライニングのダメージの低減を図りながら、費用を割り出すことができました。

ANSYSへお問い合わせください

お問い合わせ先
お問合せ