ANSYS Advantage - Volume IX, Issue 1, 2015

ANSYS Advantage - Volume IX, Issue 1, 2015

ヘルスケアに焦点を当てる

ヘルスケアのイノベーションはビジネスの問題だけではありません。 多くの場合、それは生と死の問題です。 医療と製薬会社は利益を上げなければなりませんが、生活を改善する倫理的義務も負っています。 したがって、医療機関は、コストを最小化して効率を最大化する方法のジレンマに直面しています。 シミュレーションはこの問題に対する効果的な答えです。 Ansys Advantageの本号では、大手医療企業がシミュレーションにより、安全で信頼性の高い製品を提供しながら収益目標を達成するのにどのように役立つかを示しています。

ダウンロード バックナンバー パスワード発行

主なストーリー

  • 生体内・試験管内・コンピュータ内実験
    医療機器メーカーと製薬会社がコンピュータモデリングおよびシミュレーションへの技術革新をスムーズかつ確実に進めるのに役立つ4 つのベストプラクティス
  • 視力を完全に回復
     臨床眼科学に構造シミュレーションを取り入れたOptimeyes により、各患者に合った特別な手術で視力を大幅に改善
  • 神経刺激装置の充電
    Medtronic 社がシミュレーションを利用して皮下医療装置の充電の安全性を確保
  • ご挨拶

    ご挨拶

    ヘルスケア業界は今、ソリューションを必要としています。 世界では、高齢者を治療し、医療費を削減し、治療の信頼性を確保するために、急速な革新が求められています。 医療および製薬のリーダーは、エンジニアリングシミュレーションを広く採用して、これらの課題から重要な機会を生み出しています。
  • NEWS

    Simulation in the News

    英語でのご提供となっております。
  • ベストプラクティス

    生体内・試験管内・コンピュータ内実験

    医療機器メーカーと製薬会社がコンピュータモデリングおよびシミュレーションへの技術革新をスムーズかつ確実に進めるのに役立つ4 つのベストプラクティス
  • 眼科学

    視力を完全に回復

     臨床眼科学に構造シミュレーションを取り入れたOptimeyes により、各患者に合った特別な手術で視力を大幅に改善
  • ウェアラブルデバイス

    神経刺激装置の充電

    Medtronic 社がシミュレーションを利用して皮下医療装置の充電の安全性を確保
  • 補聴器

    補聴器の性能アップ

                  シミュレーションを利用して設計を迅速に繰り返し、時間と費用を節約しつつ、補聴器の性能向上を実現
  • 医療規制

    規制に対応するシミュレーション

     医療機器の開発および規制におけるシミュレーションの利用を推進しているMedical Device Innovation Consortium
  • 循環器学

    冠状動脈疾患の治療法の判断

    数値計算により、動脈閉塞部の圧力低下を非侵襲的に予測する手法は、心臓病専門医が治療法をより客観的かつ正確に判断する際に役立つ可能性がある
  • 薬学

    混合性能の評価

    シングルユースミキサーのサイズを5,000 リットルにスケールアップできるかどうかをCFD シミュレーションで検証し、時間とコストを節約
  • 建設

    エネルギー効率の高いトンネル換気

     先進的な換気システムを設計する企業がジェットファンの小型化と最大で30% のエネルギー効率
  • 流体-構造システム シミュレーション

    水車羽根の振動

    マルチフィジックスシミュレーションを利用してフランシス水車の振動問題を解決
  • 流体-構造システム シミュレーション

    スタジアムの設計検証

     ANSYS のマルチフィジックスツールを使用して、ワールドカップスタジアムを風洞試験の10 分の1 の期間で解析
  • アカデミック

    信頼性の高いスマートフォン用アンテナを開発

    研究者チームがANSYS の技術を使用し、8 種類の周波数帯で適切に機能する小型内蔵マルチバンドアンテナを設計
  • アカデミック

    磁性ナノ粒子のシミュレーション

     疾患治療に使われる生体磁気ビーズの研究開発に寄与するシミュレーション
  • ベストプラクティス

    ANSYS Fluent によるシミュレーションをNVIDIA 社のGPU で高速化

    ANSYS Fluent でのGPU のサポートにより、エンジニアのプロジェクトスケジュール遵守とロバストな製品の迅速な市場投入が可能に

ANSYSへお問い合わせください

お問い合わせ先
お問合せ