ANSYS 19

次世代の「エンジニアリングシミュレーションの活用拡大(Pervasive Engineering Simulation)」

デジタルの世界と物理的な世界が一体化するにしたがい、製品の複雑さが増しています。企業はイノベーション、サイクルタイムの短縮、コスト削減を図りながら、品質を高め、リスクを排除しなければならないというプレッシャーにたえずさらされています。そしてエンジニアは、現在の技術では解決が困難な問題を解決するよう求められています。

ANSYS 19は、すべてのエンジニアが複雑さを制御し、効率を高めて生産性を向上できるようにします。最新のリリースでは、業界のリーディングカンパニーである当社のエンジニアリングシミュレーションソリューションを強化し、信頼性、性能、速度、ユーザーエクスペリエンスを向上させるツールを提供します。ANSYS 19の新機能は、これまでモデリングが困難または不可能だった問題について、正確な結果をもたらします。シミュレーション経験がほとんど、またはまったくないユーザーでも、自動化された単純なワークフローを即座に使いこなして、製品設計を最適化できます。これらはエンジニアリングシミュレーションの活用拡大を前進させる多数の機能のごく一部にすぎません。