HFSS SBR+ソルバーオプション (旧Delcross Savant)

ANSYS HFSS SBR+ ソルバーオプション (旧Delcross Savant ) は、ANSYS Electronics Desktop、またはANSYS Electronics Desktopを利用するすべてANSYS製品に追加することが可能です。これはソルバーのみのオプションであり、GUIを含みません。このオプションにより、既存のANSYS Electronics DesktopへのHFSS SBR+ソルバーの追加が低コストで行え、ANSYSテクノロジーへの投資を最大限に活かすことができます。

先進のアンテナ性能シミュレーションソフトウェアHFSS SBR+は、電気的に大規模なプラットフォームにおける設置後のアンテナパターン、ニアフィールドおよびアンテナ間の結合を迅速かつ高精度に予測します。HFSS SBR+は、波長の数十倍から数千倍のサイズを持つプラットフォームに設置後のアンテナ性能を解析します。漸近SBR+ (Shooting and Bouncing Ray Plus) 法の活用により、優れたスピードとスケーラビリティで高精度な解を効率的に計算します。

HFSS SBR+は、市販されている他の電磁界ソルバーでは利用できないクリーピング波、UTD回折光線、表面曲率の抽出といった高度な物理モデルを始めとする最先端のテクノロジーを取り入れています。

  • HFSS SBR+の計算

    • 設置後の放射パターン
    • Tx/Rxアンテナペア間の結合
    • 電磁界空間分布 (ニアフィールド)
    • 入射電磁界、散乱電磁界、総電磁界
    • Co-polおよびCross-pol放射・散乱

  • 視覚的レイトレーシングおよび診断

    解析の前後に、SBR、クリーピング波、UTDエッジ光線を表示できます。ビジュアルレイトレース (VRT) 機能により、光線反射の力学、ヌルパターンまたはピークパターンの発生源、幾何光学 (GO) ブロッケージ、および一定角度の標的照射の光線密度を理解する上で有用な情報が得られます。

  • ハイブリッドシミュレーション

    分離アンテナの忠実度に関するHFSSの結果を等価原理の適用を通じてHFSS SBR+シミュレーションにインポートして励起に使用することができます。これにより、ボリュームメッシングまたはサーフェスメッシング技術に基づく複雑なフリースタンディング型アンテナモデルの円滑なインポートが可能になります。分離アンテナの高精度なシミュレーション結果を活用し、フルサイズの航空機、船舶、車両または建物に設置後の性能を高速かつ高精度に把握することができます。

HFSS SBR+は、あまりにも大きくて解決できないと考えられていた問題を解決します。
HFSS SBR+は、あまりにも大きくて解決できないと考えられていた問題を解決します。