大気圏を通過するロケットのFSI(流体-構造連成) 解析 (ウェビナー)

種類を問わず、宇宙船の大気圏再突入について、共通の問題となるのは、宇宙船が大気圏を通過して帰還する際に高速で移動することから、ロケットの外面周囲に空力加熱源が生じるということです。本ウェビナーでは、方向の変更を伴いながら、地球の大気圏に突入していく、ミッション軌道のような領域について特に注目していきます。
Ich möchte Updates und andere Angebote von ANSYS und seinen Partnern erhalten. Ich kann mich jederzeit wieder abmelden. ANSYS Datenschutzerklärung