Save Query
Load Query

Narrow Your Search

Language

Resource Type

Product Category

Product Name

Industry

Sub Industry

Show Results
1 - 10 Of 369 Results
1 2 3 4 5 37
Arrow

Differential Energy Analysis to Optimize Mobile GPU Power

Operating power has become one of the most important metrics for modern electronic devices. Qualcomm Technologies, a world-class mobile solution provider, significantly reduced power consumption in an already challenging market by performing power analysis at RTL using ANSYS PowerArtist. Qualcomm Technologies was able to reduce dynamic power by 10 percent through this approach.

Author: ANSYS Inc. Type: White Paper Date:
Product Name: ANSYS PowerArtist, ANSYS RedHawk
Product Category: Semiconductors
Sub Industry: Electrical and Electronics


View

Arrow

人体モデルを使ったバイオメディカル機器シミュレーションの精度向上

生体内での医療機器の性能を予測する数値モデルは,あらゆるバイオメディカル分野において一般的になりつつあります.医療スキャンデータに基づく形状を使用することによって,機器の性能および患者の安全性を従来とは比較にならないほど詳細に把握できます.その使用例は,脳動脈瘤治療の術前計画から整形外科用インプラントにおける患者固有のサージカルガイドまでさまざまです.しかし,患者固有の形状は,数値モデルの「局所的」な精度向上にすぎません.言い換えれば,このような精度向上では,異物または外部刺激に対するさまざまな器官系の区画ごとの動的な応答に関する情報を得ることができません.したがって,医療機器の性能を本当に把握したいのであれば,「全体的」な考え方を採用する必要があります.人体モデル,すなわちHBMによって,この重要なニーズに対応することが可能です.

Author: Type: White Paper Date:


Request

Arrow

医用画像とインシリコ・モデリングが呼吸器治療薬の開発を促進

呼吸器疾患の治療に使われる吸入治療薬の新規開発費は1回につき10億ドル以上と予想されます.これは,製薬業界で最高の金額であるだけでなく,癌や神経疾患の治療薬と比べても,はるかに大きな額です.また,吸入治療薬の開発には,10年以上もの期間が必要になることもあります.このため,製薬会社が,こうした巨額の投資を回収できなくなるリスクを回避しようとした結果,市場に投入される新しい呼吸器治療薬の数が大きく減少しています.

Author: Type: White Paper Date:


Request

Arrow

ブレーキ鳴きの予測を支援する画期的な技術 により,設計プロセスの早期に騒音問題を解消

昨今では,様々なタイプの自動車騒音の低減に成功したとはいえ,摩擦によって誘発されるブレーキ鳴きが原因で顧客からの苦情が相次ぎ,頭を抱えているエンジニアが増えています.現在では,こうしたブレーキ騒音が品質保証問題の1 つとなっており,自動車関連のOEM とサプライヤーの多くがこの問題の解決に取り組んで いますが,最近では,ブレーキ鳴きの予測を支援する統合手法が飛躍的な進歩を遂げています.この予測手法では,双方向のCAD 連携機能,自動メッシュ生成およ び接続機能,柔軟性に優れた線形/非線形ソルバー,パラメトリックおよび感度解析機能,様々なグラフ表示機能を利用して,設定時間の大幅な短縮,物理試験との 良好な相関,生産およびサプライチェーンとのモデルの同期を図ると同時に,多数の設計案を自動的に評価して最適な設計を迅速に特定することができます.また, この新しい手法を導入すれば,各種プラットフォーム用ブレーキシステムの最初の仮想設計を従来の手法よりも迅速に行いつつ,コスト削減と騒音低減を図ることも可能になります.

Author: Type: White Paper Date:


Request

Arrow

CFD解析におけるソリューション パートナーとの 協力的アプローチ: 最先端の研究者にもたらされる利益

現在継続しているソフトウェアとハードウェアの発展に、ハイパフォーマンス コンピューティングの急速な成長が結び付き、エンジニアリング シミュレーションの規模・速度・精度は新たなレベルに到達しました。恐らくその中でも、非定常性、乱流、不安定性などによりシミュレーションの規模や複雑さが増大しやすいCFD(数値流体力学)ほどその限界が押し広げられている分野はないでしょう。 多くの業界のさまざまな用途で先進的なCFDシミュレーションが行われていますが、今最も過熱するCFD技術革新の最前線の一部は世界各地の大学が担っています。世界中の多くの大学教授が、高学歴で若いエンジニアと研究用の大規模なコンピュータ クラスタを同時に活用しつつ、コンソーシアムを通じて業界のリーダーたちとパートナー関係を築き、CFDシミュレーションの最先端で研究を行っています。

Author: Type: White Paper Date:


Request

Arrow

ハイブリッド電気自動車と電気自動車の設計に威力を発揮する 高度な数値シミュレーション

現在では,大気汚染と石油供給に対する懸念が高まり,従来のガソリン/ ディーゼルエンジン車に代わるものとしてハイブリッド電気自動車(HEV)と電気自動車(EV)が注目を浴びており,世界中の政府がHEV/EV の研究を推進しています.たとえば,2015 年までに100 万台のHEV を普及させるという目標を掲げている米国政府では,新しいバッテリーパック,電動機,およびその他のコンポーネントの設計に対して24 億ドルの助成金を支給することを発表しています[1].また,米国エネルギー省では,米国の全軽量自動車およびトラックにHEV/EV が占める割合が2030 年までに28%に達し,2005年に比べて20%増加すると予測しています[2].

Author: Type: White Paper Date:


Request

Arrow

医療系分野におけるCAE解析技術適用紹介

1960年代、主に工業系での適用目的が主であったCAE(コンピュータ支援解析技術)開発は、近年、医療系分野でもその適用が急速に進んでいる。その背景には、これまで構造解析への適用を主目的として開発されてきたCAE解析技術が、流体解析それから電磁場解析へとその適用技術領域を広げてきたことに大きく起因する。特に医療系に関わる技術課題は構造~流体~電磁場と様々な物理が深く関わり、更に人体に関わる問題等は、直接的な実験的検証が難しい場合も多く、そこでのCAE解析適用は、医療-工学連携の必要性を含みつつ、これからの高度医療社会を支える上でも重要な手段の一つと捉えられている。

Author: Type: White Paper Date:


Request

Arrow

CFDコア技術の発展: 進化する製品開発ニーズに応えるために

今日の製品開発は、製品の複雑化、品質要件の厳格化、より高い歩留まりと生産性の基準といった難問が絶えず押し寄せる状況にあるといえるでしょう。しかし、そのような制 約の中でも、著しい成功を収めている企業は市場を一変させるような製品を発表しています。以下は、独創的なアイディアが実際に製品化されたいくつかの例です。

Author: Type: White Paper Date:


Request

Arrow

高速で信頼性の高いCFD による設計コストの削減

シミュレーションにより、製品開発における経済的打撃を緩和製品開発マネージャーが、製品設計のコストに対して敏感になりつつある現在、工学ソフトウェアの価値について、直感を根拠に理解を求めることは、もはや十分とは言えません。マネージャーは、技術に投資する前に、客観的で確実な投資利益の数字を必要とします。数値流体力学(CFD)ソフトウェアも例外ではありません。

Author: Type: White Paper Date:


Request

Arrow

モデル縮退技術と ソフト・ハード協調型モデルベース開発

自動車に求められる基本スペックである「安全」,「信頼」,「快適」,「環境」と言う4 大技術テーマ実現に向け,エレクトロニクス技術への依存度はますます高まっている.

Author: Type: White Paper Date:


Request

1 - 10 Of 369 Results
1 2 3 4 5 37
 
Contact