石油・ガス

世界的な石油・ガスの需要によって、成熟した小規模な海底油田で増産が進められています。埋蔵位置はさらに深くなり、遠洋や極地へと近づいており、非在来型の資源が対象になっています。このような資源からの石油やガスの生産に伴い、増産のための高度な技術に加えて、CAPEXおよびOPEXコストの軽減という課題が生じています。油田の寿命期間を通して、生産管理の効率化と同時に、このような課題全般に対処する必要があります。

環境面の懸念の高まりとともに、石油・ガス業界は環境負荷、温室効果ガス排出、水使用の削減を目的とする投資を進めています。さらに、事故防止や事故対応の取り組みも同時に進められています。


Segments

掘削と竣工

今日の油田工学および掘削に伴う課題では、性能と信頼性が最大の関心事です。傾向としては、さらに深く、高圧・高温の過酷な環境で、未知の領域に存在する油田での増産が求められています。


詳細

生産

石油やガスの生産は、油田の寿命期間を通して、安全性、コスト、信頼性、性能、規制、生産目標といった要素のバランスの上に成り立っています。このバランスの確保は、常に困難です。混相流、高圧、高温といった条件とともに、操業条件の変化(台風に伴う風力や波浪の衝撃)によって、複数の物理モデルの相互作用を伴う複雑な設計の課題が生じています。

詳細

精製と加工

精製業者や加工業者は、老朽化した資産、原油産出量の変動、さらには高純度・高価値の中間製品に対する需要の拡大に対処するため、近代化、柔軟性に優れた製法、先端技術などに解決策として期待を寄せています。ただし、既存プラントの変更、製法の設計、新しい更新設備、コーカーおよびフレックス燃料設備の構築には、大きな資本投資が必要になります。


詳細

輸送と貯蔵

生産現場がさらに困難な場所や遠隔地に移行していることで、現場から貯蔵設備を経由して市場に製品を輸送するコストは上昇しており、エンジニアリングの課題はさらに複雑化しています。新しい液体資源からの天然ガスや石油の増産を実現するには、新しいパイプライン、鉄道輸送タンク、貯蔵設備などが必要になります。同時に、老朽化したインフラストラクチャの更新も必要になります。


詳細

Applications

効率的な石油・ガス生産

石油・ガスプロジェクトの性質の変化に伴い、資本および経営の効率化を推進する上で、技術革新が重要な役割を担うようになっています。製法・設備の発展によって、設備での最初の原油受け入れまでの期間、建設コスト、稼働停止時間、生産のボトルネックなどは削減されており、営業利益の目標達成が可能になっています。


詳細

環境管理責任

エネルギー会社は、温室効果ガス排出の削減、水使用の削減、漏出や流出の防止といった目的で設計された技術やプロセスに投資しています。エンジニアリングシミュレーションは、炭化水素の固定に必要な水、化学物質、およびエネルギーの使用量が少ない抽出プロセスの開発に最適なツールです。

詳細

海面、海底、ダウンホールに活かされるスマートな統合型の技術

深海、極寒地、遠隔地、極小油田などの困難な環境条件に、未利用の石油・ガスが埋蔵されていることが発見されています。数十億ドル規模のプロジェクトでコスト効果に優れた掘削および生産を目的として、統合型のプロセス、高度な制御技術や情報機器が採用されて、タンク、油田設備、加工処理、輸送、および貯蔵に適用されています。

詳細

設備や製法の安全性・信頼性

安全性と信頼性に対する業界の注力は、石油・ガス生産の高コスト、メンテナンス、および予期しない稼働停止時間に根ざしています。製品の不具合は、環境に加えて、人命にも影響を及ぼす可能性があります。エンジニアリンググループは、実験では再現できないことが多い、現実世界の条件で成功を収められる、信頼性に優れた機器設備やプロセスの開発に注力しています。


詳細