消費財

洗濯機、サッカーボール、真空包装の飲料容器、製造ラインの食品加工装置など、製造する製品の種類を問わず、メーカー各社は同様に「顧客が支払ってもよいと考える価格で、最先端の製品を製造する」、「同業他社よりも先行して、当該製品を市場に投入する」という目標に取り組んでいます。

小売市場では、メーカーは、低コストで耐久性に優れた製品を求める消費者をターゲットに設定しています。また、製品がエネルギー効率の向上を実現し、環境に優しい製造手法の証明を前面に記載していることも望まれるようになっています。このような資質を少しでも欠いている製品は、販売サイクルの途中で淘汰されるでしょう。

Featured Sections Heading

消費者は、家電製品に多くを期待しています。特定の製品が毎日、何年にもわたって稼働することを、ユーザーは求めています。修理担当者の訪問を待ちながら、洗濯物の山を眺めているような状況を考えればわかるように、修理はユーザーにとって大きな迷惑です。したがって、信頼性についての評判は、製品の大きなセールスポイントになります。

詳細

食品加工は、本質的にプロセスがエンドユーザーに直結するという性格を持つため、複雑な課題を抱えています。食品を加工する機器の設計から、実際の食品の製造、最終的な製品の包装、輸送の問題に至るまで、製品メーカーの求める水準はかつてないほど厳しくなっています。食品の安全性、栄養価、保存期間は、セールスポイントとして重要度を増しています。そしてもちろん、このような改良は、コスト抑制と並行して進める必要があります。

詳細

自転車競技においては、自転車の重量を少しでも減らし、自転車および選手の周囲の空気の流れを改善することによって、選手は一秒でも早くゴールすることができます。また、これによって、日常生活で自転車を使う場合には、より快適で、負荷のかからないサイクリングが可能になります。エンジニアリングシミュレーションは、さらなる強度、柔軟性、低重量化に加え、(空中および水中の)抗力の低減、より直線的な飛行、バウンドやコントロール の改善を実現するスポーツ用製品の設計を可能にします。製品の重要な性能を最適化することで、顧客 が一流のアスリートであっても、趣味でスポーツを楽しむ人であっても、その製品のメリットを提示することができます。

詳細

家庭用洗剤、洗濯洗剤、芳香剤、その他の家庭用品を販売している会社は、競争力のある適切な価格設定を維持しながら、新技術を生み出すという課題と常に向き合っています。消費者の視点では、この新技術は、付加価値をもたらす機能、オプション的な機能、性能の改善などを表します。この新技術とコスト抑制のバランスを取る手段として、シミュレーション主導の製品開発(Simulation Driven Product Development)が挙げられます。

詳細