デジタルツイン

これまでは、新製品の設計と仮想試験においてエンジニアリングシミュレーションが用いられ、それにより、製品を市場に投入する前段階でいくつものプロトタイプを作る必要が無くなりました。

今では、インダストリアルIoT(IIoT)の出現により、オペレーション分野でこれまでにない価値が見出されています。IIoTにより、エンジニアはインターネットを通じて作動状態の製品あるいはプロセスにあるセンサーやアクチュエータと通信可能となり、データを得たり作動状態のパラメータを監視することができます。その結果は現実の製品やプロセスのデジタルツインとなり、設備の性能を最適化するためのリアルタイムでの処方的分析や予測解析に用いることができます。デジタルツインはまた、製品のライフサイクルを通じて実際の製品設計を改善するために用いることができるデータを提供します。

解析手法と合わせてANSYSの物理ベースのシミュレーションを使うと、将来の製品の性能を確実に予測し、コストや予期せぬダウンタイムのリスクを減らし、将来の製品開発プロセスを改善することができます。

Digital Twin Applications

ANSYSのシミュレーションツールを使用して作成したデジタルツインは、デバイスやシステムのオペレーションを最適化し、予期せぬダウンタイムを削減することでコストを節約できます。さらに、実際の修理を実施する前に、仮想的にソリューションをテストできます。