伝熱解析

軽量、小型で効率の高い設計を求める傾向により性能限界が拡大するにつれて、構造物における熱の影響と熱管理は、ますます重要になっています。対流、輻射および伝導による熱荷重はもちろんのこと、電力損失の影響、および摩擦や外部熱源(管内流など)による熱エネルギーも考慮しなければならないため、解析者が伝熱モデルを正確にシミュレーションするには、より多くのツールを自由に利用できることが必要になります。