パワーインテグリティ

半導体IPは、すべてのシステムオンチップ(SoC:System on Chip)設計の重要な部品です。IPの動作信頼性は、IP自体と、SoCとの関連性の両方で解析することが必要なため、IPの信頼性の解析とSoCレベルでの検証用の正確なモデルの生成の両方が可能な、ロバストなプラットフォームが重要です。ANSYS Totemは、アナログ/混合信号設計用のトランジスタレベルのパワーノイズおよび信頼性解析プラットフォームです。ANSYS Totemの一般的な用途には以下が含まれます。

  • さまざまな機能条件に対する動的パワーノイズ
  • 動作試験モード中の動的パワーノイズ
  • 状態遷移中の動的ノイズ結合
  • パッケージおよび基板を通過するノイズの影響
  • FInFET設計および高度なテクノロジーノードのノイズモデリング