ANSYS DesignXplorer

ANSYS DesignXplorerは、ANSYS Workbenchの安定した自動処理能力をパラメトリック解析に活用した統合型のWorkbenchアプリケーションです。設計の調査、把握、および最適化が可能になるので、シミュレーションの適用による製品開発の推進が実現します。

簡単なドラッグアンドドロップ操作で、ANSYS DesignXplorerのシステム(パラメータ相関、直接最適化、応答曲面、応答曲面最適化、シックスシグマ解析など)をANSYS Workbenchの模式図に追加できます。応答曲面システムでは、さまざまな実験計画法(DOE:Design of Experiment)アルゴリズムを取り入れることで、効率的かつ科学的に設計空間を標本化してから、最先端の応答曲面技術を適用して設計空間を正確にモデル化します。単一目的および多目的最適化アルゴリズムでは、多次元応答曲線を使用して、最適な設計を短時間で見つけることができます。高度な直接最適化機能が、応答曲面と直接最適化の最良の特長を組み合わせた適応最適化アルゴリズムとともに用意されています。 設計調査ツールでは、相関や感度に加えて、その他の有用な指標群を計算します。シックスシグマ解析では、入力パラメータの統計的分布に関する情報に基づいて設計のロバスト性を保証します。

  • マルチフィジックス最適化:  Easy-to-use, physics independent, all in one tool for sensitivity, optimization and basic robust design analysis
  • インタラクティブ最適化:  Comprehensive set of graphical tools for interactive design investigation
  • 迅速なROI:  Delivers high value quickly to perform comprehensive sensitivity analyses and optimization for better designs