ANSYS Workbenchプラットフォーム

エンジニアリングシミュレーション用プラットフォーム

今日のビジネスは競争力が激しい環境で運営されており、各企業は迅速な革新を目指すと同時に、製品開発や保守管理コストを削減しています。組織内の各職務では、低コストで高い成果をあげるという途方もないプレッシャーに直面しています。エンジニアリングのオペレーションでも例外ではありません。世界の主要企業が、革新を実現するため、次世代製品および保守サービスを遂行するために、ANSYSのシミュレーション用プラットフォームを導入するのはそのためです。

ANSYSシミュレーションプラットフォームは、クラス最高のシミュレーションテクノロジーの最も広範囲のスイートを提供しており、カスタムアプリケーション、CADソフトウェア、PLMなどのビジネスプロセスツールと一体化します。オープン、フレキシブルなフレームワークで、エンジニアリングチーム、ツール、データを結合します。共通プラットフォームは、組織、サプライチェーン、フィールドオペレーション間での効率的で信頼性のあるエンジニアリング情報の共有を促進し、エンジニアリングオペレーションをより機敏なものにします。

このプラットフォームは、コンセプトから詳細設計までシミュレーションを効果的に適用できる3つの柱の上に構築され、その結果として生産性のアップ、迅速な設計決定、加速化された革新につながります。

包括的なシミュレーション

ANSYSのシミュレーション用プラットフォームでは、忠実度の高い仮想プロトタイプを作製し、実環境における完全な製品の動作をシミュレーションできます。このプラットフォームは、3D物理シミュレーション、組込みソフトウェア設計、システムシミュレーションの最新テクノロジーを提供します。

スケーラブルなソリューション

プラットフォームはデスクトップからクラウドのすべてのITインフラストラクチャに適合し、複数のサイト間でシミュレーションデータやプロセスを協業、共有できます。

拡張可能なエコシステム

ANSYSシミュレーションプラットフォームのオープンフレームワークでは、カスタムワークフローを作成、またはANSYSアプリストアからすぐに使用できるアプリをダウンロードできます。このプラットフォームでは、業界をリードする企業のパートナーネットワークにアクセスし、チャレンジングかつ進化するニーズに対する追加機能を簡単に統合および管理できます。

Learn how the ANSYS simulation platform can benefit you

ANSYS Platform Executive

ANSYSシミュレーションプラットフォームは、エンジニアリング組織に、迅速でコストを意識した製品開発用の共通環境を提供しています。このプラットフォームに構築された信頼できるシミュレーションテクノロジーにより、新製品の物理的なプロトタイプを製作する前に、挙動の検証が可能となり、開発期間と費用を削減できます。このプラットフォームで製品のエンジニアリングプロセスを標準化すると、異なる分野のエンジニアリングチーム間、パートナーおよびサプライヤー間の協業が促進され、目標に向けて組織をより効果的に動かすことができます。

ANSYS platform Engineering Manager

ANSYSシミュレーションプラットフォームはANSYSシミュレーションンテクノロジーに統合され、サードパーティCAE、PLM、CAD、要件管理システムなどのエンジニアリングツールとの相互運用性を提供します。そのプロセス管理機能により、エンジニアリングプロセス全体を計画および監視でき、ビジネス目標を満たすために、グローバルに分散したチームを管理する上でのチームの生産性と効果が増大します。

ANSYS Platform IT Manager

ITマネージャーはエンジニアリングチームに最新のITインフラストラクチャとソフトウェアツールを提供します。ただし、エンジニアは必ずしもこれらのリソースを最適に使用していないため、一部は未使用になったり、一部は需要過多になります。ANSYSのシミュレーション用プラットフォームは、ハードウェアとソフトウェア両方の使用を最大化するソリューションを提供しており、IT投資のリターンは高くなります。

ANSYS Platform Simulation User

ANSYSシミュレーションプラットフォームは、業界でもっとも広範なシミュレーションテクノロジースイートを提供し、ニーズに合わせてカスタマイズ可能です。このプラットフォームのユーザーインターフェースで各ステップがガイドされ、複雑なマルチフィジックス解析も簡単なドラッグアンドドロップで実行できます。双方向のCAD接続により、プロジェクトの更新メカニズム、パラメータ管理、統合最適化ツールが自動化され、プラットフォームはかつてない生産性を実現できます。これにより、エンジニアリングにより多くの時間を掛けること、ソフトウェア実行時間の短縮が可能になります。