流体-構造連成

流体がパイプの接続部、流量計、バルブ、分配器などを通過したり、航空機の翼、タービン翼、その他の構造上を通過したりすることで、周辺部品に作用する非定常な力が生まれて、動きの原因になることがあります。このような動きは、意図的かつ必要である場合もあれば、意図的ではないが避けられない場合もあります。いずれの場合も、周辺機器やその性能に対する流体力の影響を理解しておくことが重要です。ANSYSのマルチフィジックスソリューションは、この流体-構造連成(FSI:Fluid-Structure Interaction)に関連する製品設計の課題の把握および解決に取り組むお客様を支援できます。