ANSYS Fluent - 汎用熱流体解析ソフトウェア

流体、乱流、熱伝達、反応のモデリングに必要な各種の物理モデリング機能を備えたANSYS Fluent は、航空機の翼に流れる気流のほか、炉内燃焼、気泡塔、石油プラットフォーム、血流、半導体製造、クリーンルーム設計、廃水処理プラントなどの様々な工業用途に対応します。さらに、シリンダー内の燃焼、空力騒音、ターボ機械、混相流などに対応する専用のモデルによって、ソフトウェアの用途が広がっています。

今日、世界中の数千社もの企業がANSYS Fluent を製品開発の主要ツールとして使用し、製品の設計と最適化に取り組んでいます。高度なソルバー技術を採用したANSYS Fluent は、高速かつ高精度なCFD解析機能、柔軟性に優れた移動/変形メッシュ機能、卓越した並列拡張機能を備えています。また、ANSYS Fluent は、ユーザー定義関数を利用して、新しいユーザーモデルを実装できるだけでなく、既存のモデルを広範囲にカスタマイズすることも可能です。対話型のソルバー設定、解析、ポスト処理の各機能を搭載したANSYS Fluent では、計算を中断して、統合されたポスト処理ツールで結果を調査してから、設定を変更して計算を再開するといった作業を1つのアプリケーションで簡単に行うことができます。ケースファイルやデータファイルをANSYS CFD-Post に読み込んで、高度なポスト処理ツールで他の解析を行ったり、様々なケースを横に並べて比較したりすることも可能です。

ANSYS Workbench プラットフォーム に統合されているANSYS Fluent のユーザーは、すべての主要なCAD システムとのシームレスな双方向連携機能、ANSYS DesignModeler の強力な形状修正・作成ツール、ANSYS Meshing の高度なメッシュ生成ツールにアクセスすることができます。また、データや結果をドラッグアンドドロップで転送し、各アプリケーション間で共有することができるANSYS Workbench プラットフォームにより、流体解析の結果を利用して、その後の構造解析の境界荷重条件を設定できるといったメリットも得られます。

ANSYS Fluent を使用してモデリングした内部燃焼エンジン
ANSYS Fluent を使用してモデリングした内部燃焼エンジン

ANSYS Fluentのアジョイントソルバーを使用して、 修正が必要な形状をチェックしているところ
レースカーのダウンフォースを最大限に高めるために、ANSYS Fluent のアジョイントソルバーを使用して、修正が必要な形状をチェックしているところ

心臓の弁を流れる血流の非定常双方向の連成解析
心臓の弁を流れる血流の非定常双方向の連成解析を、ANSYS Fluentを使用して行っているところ(血流は非ニュートン流体、弁は異方性超弾性体の組織)

これらのメリットが得られるANSYS Workbench プラットフォームと、各種の物理モデリング機能や高速かつ高精度なCFD 解析機能が搭載されたANSYS Fluent を組み合わせると、CFD モデリングに対応する世界有数の包括的なソフトウェアパッケージになります。なお、ANSYS Fluent とアンシスの構造解析ソリューションを連携させれば、非常に複雑な流体-構造連成(FSI)問題も、操作性に優れた同じ環境で簡単に解析できるようになるため、サードパーティー製の連成ソフトウェアの必要性を低減することができます。また、ANSYS Fluent を他のマルチフィジックスソリューションと連携させて使用すれば、電磁界-流体連成解析を行うことも可能になります。

See how our customers are using our software:

Fuel Tech社

Fuel Tech社は汚染およびスラグ管理の分野で活動している技術系企業です。ANSYS CFDは同社のエンジニアリングワークフローの中に完全に統合されており、製品性能の迅速かつ確実な予測に役立っています。

ケーススタディを見る(ビデオ・英語)

Aavid Thermalloy社

Aavid Thermalloy社は、特に電子機器を対象とする熱管理ソリューションに取り組んでいます。これらの冷却ソリューションは、非常に複雑になる可能性があり、シミュレーションが重要な役割を果たします。エンジニアはANSYS Workbenchを使用してリアルタイムのマルチフィジックスシミュレーションを実行して、一度に複数の変数を最適化できます。クラウドベースの環境でANSYSを使用することにより、同社は広範囲にわたる製品を改善することが可能です。

ケーススタディを見る(ビデオ・英語)