モデルベースのシステムエンジニアリング

今日の複雑な製品アーキテクチャを適切に管理するとともに、サブシステム間の無数の依存関係を正確に把握して管理するため、従来のシステムエンジニアリング方式はモデルベースのシステムエンジニアリング(MBSE:Model-Based Systems Engineering)に進化しました。従来の方式との根本的な違いは、正式なシステム定義が静的な一連のテキストベースの設計文書内にではなく、実際のモデル内に存在するという点です。このモデルによって、さまざまなサブシステム間の依存関係とインターフェースを十分に把握できるようになります。高度な相関手法で大量の情報を表現することに加えて、モデルはチーム間での共有や交換が容易であり、変更管理しやすく、ステークホルダーの要件から実装に至るまで、自動化された包括的なトレーサビリティをサポートします。