マンマシンインターフェースソフトウェア

マンマシンインターフェースソフトウェアは、航空機のコックピットのディスプレイから、原子力施設の制御室のディスプレイ、身近な乗用車のインフォテインメントシステムに至るまで、あらゆる業界で幅広く使用されています。ソフトウェア認証の厳しい基準を満たすため、組み込みソフトウェアのエンジニアは、ソフトウェアシミュレーションツールと認定済みコードジェネレータを活用する必要に迫られています。

ANSYSは、ビルトインの自動コードジェネレータをモデルベースのマンマシンインターフェース開発ソフトウェアに提供します。このソフトウェアは、ディスプレイ用のグラフィックスや、ディスプレイを動作させる制御ロジックの作成に使用できます。