CAE 活用支援サービス

CAE ソフトウェアを導入することにより素早く結果を出すには、お客様の抱える新しい問題に対し効率的に取り組めるかどうかが非常に重要です。

Check 導入したソフトウェアをうまく使いこなしたい
Check 新しい課題に取り組みたいが、どこから手をつけたら良いのか分からない
Check ソフトウェア導入効果を社内外に向けていち早くアピールしたい

アンシス・ジャパンでは、こうしたお客様のご要望にこたえるために、お客様をサポートするための様々なサービスプログラムをご用意しております。

定期トレーニングコース

ソフトウェアの使い方を学びたいお客様を対象に、年間500超の定期トレーニングを、東京・名古屋・大阪の各オフィスで開催しています。
定期トレーニングは、主にソフトウェア操作を習得する入門セミナーから、ソフトウェアを効果的に活用する実践的な方法を学ぶ中級セミナーなど、幅広いニーズに対応したカリキュラムをご用意しています。

セミナー・トレーニングのレベル/おおまかな受講の流れ

定期トレーニングの詳細・お申込みは、[ こちら ] をご覧ください。

解析支援サービス

ソフトウェアの導入がうまくいかない、ソフトウェアを使いこなせないお客様には、お客様の具体的な課題を解決する解析プロセス・モデルの構築を、解析モデル作成から実施します。
また、解析プロセスの短縮化・自動化のお手伝いも行います。構築した解析データ・プロセス構築に関わるプログラムなど一式を納品(※)します。

(※) 納品物は作業内容によって異なります。

専任サポートサービス

社内の設計開発業務においてシミュレーションをもっと活用したいお客様には、ANSYSのエンジニアが、お客様の専任コンサルタントとなり、特別にサポートします。新しい課題の効率的・効果的な解析アプローチおよび既存課題の解析アプローチの改善提案を行います。これらの提案を踏まえて、そのナレッジの移譲を行います。

特別トレーニング

社内のニーズに合ったトレーニングを受けたいお客様には、お客様の状況に合わせて導入トレーニングを行います。トレーニング開催場所はオン・オフサイトどちらでも可能です。日数・内容についてはご相談を承ります。


サービスの内容や費用などの詳細は [ こちら ] よりお問い合わせください

お問い合わせ・資料請求・資料ダウンロードのお申し込みはこちら

お問い合わせ・資料請求