Engineering the Internet of Things

IoT 向けエンジニアリングシミュレーションフレームワーク

モノのインターネット(IoT:Internet of Things)時代の到来です。現在インターネットに接続されているスマートデバイスの台数は、もはや世界の人口を超えています。このトレンドは、既存事業に数多くの機会を創出しており、さらに新たな市場や企業を生み出しています。その潜在的な経済効果は、年間10 兆ドルを超えると概算されています。

ANSYS は、「モノ」を製造している企業ではありません。ANSYS はこれまで、実現しうる最良の「モノ」を開発できるようエンジニアを支援するというミッションを掲げエンジニアリングシミュレーションソフトウェアを提供してきました。IoT 時代の到来によって、それが変わることはありません。IoT がもたらすエンジニアリングの課題を見ても、当社が提唱するシミュレーション主導の製品開発というアプローチが、消費者向けウェアラブルデバイス、埋め込み型医療機器、コネクテッドカー、産業用タービンなど、新たに登場したさまざまなデバイスの設計に、これまで以上に適していることが実証されています。

実現しうる最良の「モノ」の開発には、エンジニアリングシミュレーションが不可欠であると確信しています。ANSYS は、さまざまな業界のIoT リーダーとの幅広い連携を通じて蓄積されたベストプラクティスをもとに、エンジニアリングシミュレーションをIoT に適用するための包括的なフレームワークを構築しています。こうしたベストプラクティスを皆様の開発プロセスにどのように適用できるかを見つけ出してください。

イメージをクリックして詳細を見る

Webinar Series

IoTにおけるシミュレーションの役割についてのウェビナーを開催しています。こちらは、英語視聴のみとなっています。視聴には、英語での登録が必要です。

See All IoT Webinars Other IoT Events