ANSYS RedHawk-SC

RedHawk-SC is the next-generation SoC power noise signoff platform to enable sub-16nm design success. RedHawk-SC is built on ANSYS SeaScape, the world's first custom-designed, big data architecture for electronic system design and simulation. SeaScape provides per-core scalability, flexible design data access, instantaneous design bring-up, MapReduce-enabled analytics and many other revolutionary capabilities. RedHawk, the industry gold-standard platform for SoC power noise and reliability sign-off, is being offered on the SeaScape platform as RedHawk-SC, giving you the best of both worlds — the signoff confidence that RedHawk provides and the elastic scalability and big data analytics of SeaScape.

SeaHawkのコンピューティングエンジンの基礎であるビッグデータアーキテクチャは、桁違いに優れたスケーラビリティを備え、既存のツールでは不可能なパラメトリックスイープとパラメトリック解析を実行することができます。容量と性能をリニアにスケーリングできるため、チップの信頼性目標とパッケージおよびシステムの協調設計が可能になり、コストのかかる過剰設計を削減することができます。

  • 静的および動的な電圧降下のインデザイン解析
  • エレクトロマイグレーションのインデザイン解析
  • 送配電ネットワークの最適化
  • 高いスケーラビリティを備えたエラスティックコンピューティングエンジン
  • マルチドメインの情報に対応した柔軟性の高いデータ解析
  • 設計の早期の堅牢性チェックのため高速ターンアラウンド