PTCとANSYS、産業用 IoTのデジタルシミュレーションを可能にするプラットフォームソリューションを開発

ソリューションビルダーは、産業用IoTアプリケーションのシミュレーションモデルの実行が可能に

ピッツバーグおよびニーダム(マサチューセッツ州)、2017年5月17日 – 本日PTC(NASDAQ:PTC)とANSYS(NASDAQ:ANSS)は、ANSYSのエンジニアリングシミュレーション技術を、PTCの産業用モノのインターネット(IIoT:Industrial Internet of Things)プラットフォームThingWorx®上に構築されたアプリケーションに迅速に付加できるソリューションを発表しました。これらの2つのテクノロジープラットフォームのコネクターを開発することにより、お客様は、生データを新しい形のアクショナブルインテリジェンス(判断基準となる情報)に変換できるようになります。このコネクターは、インテリジェントデジタルシミュレーションモデルと、実在し、実際に運用されている製品とを統合します。これにより、運用と保守を最適化し、それを製品開発プロセスに組み込むことができるようになり、企業に大きな価値を生み出す新たな機会を提供します。

シミュレーションは、企業が設計フェーズの早い段階で製品の故障等の将来起こりうる状況を知る手助けとなります。豊富な履歴データが容易に入手できない場合には、シミュレーションモデルを活用して、設計から予測される結果あるいは製品のパフォーマンスに関する最初のデータを生成することができます。このシミュレーションの結果は、統括された機械学習と予測モデルのために用いる豊富なソースデータとして活用できます。実際のパフォーマンス、シミュレーションおよび機械学習を継続して連携することにより、予測モデルとより洞察的なフィードバックループにつながるデータを読み解き、それにより製品設計とモデリングを改善できるようになります。

IoTは、フィジカル製品のリアルタイムデータとその製品に関する企業のデジタル情報とを結びつけるデジタルツインの作成を可能とします。デジタルツインのシミュレーションからは、先進のインテリジェンスと製品の挙動の洞察が得られます。ThingWorxプラットフォーム機能とANSYSのシミュレーションモデルを結合することにより、企業は現在の運用状況を解析して運用上の問題を迅速に特定・診断、将来の運用状況を予測し、さらに製品のパフォーマンスを改善することができる高機能なアプリケーションを活用できるようになります。PTCとANSYSは、このソリューションがThingWorx上で開発されたIoTアプリケーションで使用できるようにします。

「企業がIIoTに投資する大きな理由の一つは、コネクテッドプロダクトにより生成されるデータが大きな価値を持つことにあります。機械学習と統合されたシミュレーション技術は、IIoTソリューションビルダーが製品設計とパフォーマンスを改善し、さらに次世代製品を開発するために必要となるデータを識別し読み取る手助けとなります。私たちは、ソリューションビルダーが、どのようにして当社のソリューションとシミュレーションパートナーであるANSYSを、彼らのアプリケーションに導入して新たな価値を創造していくかを見るのを楽しみにしています。」(PTC社、プラットフォームビジネス、CRO、Catherine Kniker氏)

「当社のお客様の多くは、デジタルツインを用いて運用と保守のコストを劇的に低減し、リアルタイムに最適化されたサービスとして製品を市場に送り出すことにより、産業界を大きく変容させたいと考えています。ANSYSとPTCが市場に送り出すソリューションを十分に活用して、お客様は新しいIIoTアプリケーションに強力な機能を付加することができるでしょう。LiveWorx17でこのソリューションの価値をお見せできることを楽しみにしています。」(ANSYS、ジェネラルマネージャー、Eric Bantegnie)

ANSYSは、LiveWorx17の主要なスポンサーです。シミュレーションと機械学習を連携させたソリューションのデモやANSYSの広範なIIoTポートフォリオをご覧になりたい方は、Xtropolis show floorの345ブースまでお越しください。

追加資料

ANSYS について

ロケットの打ち上げをご覧になったり、飛行機で空を旅したり、車を運転したり、橋を渡ったり、PC を使ったり、モバイルデバイスの画面にタッチしたり、あるいはウェアラブルデバイスを身に付けたりされたご経験はおありでしょうか。それらの製品は、ANSYS のソフトウェアを使って生み出されたものかもしれません。ANSYS は、工学シミュレーションの世界的リーディングカンパニーとして、今までにない優れた製品の誕生に貢献しています。最高水準の機能と幅広さを備えた工学シミュレーションソフトウェアの提供を通じ、ANSYS は、最も複雑な設計上の課題であっても解決を支援し、製品設計の可能性を想像力の限界まで押し広げています。1970年に設立されたANSYSは、数千人のプロフェッショナルを擁し、その多くは有限要素法解析、数値流体力学、エレクトロニクスおよび半導体、組込みソフトウェア、設計最適化などのエンジニアリング分野で博士号、修士号を取得しています。本社を米国のピッツバーグ南部に置くANSYS は、世界中に75ヵ所以上の戦略的販売拠点を有するとともに、40ヵ国以上のチャネルパートナーとネットワークを築いています。詳細は、www.ansys.com をご覧ください。

シミュレーション関連の情報については、www.ansys.com/About-ANSYS/social-media をご覧ください。

ANSYS、ならびにANSYS, Inc. のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc. またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。

アンシス・ジャパン株式会社(ANSYS Japan K.K.)は、米国ANSYS, Inc. 100%出資の日本法人です。ANSYS, Inc.のCAEソフトウェアを日本で販売し、あわせてサービス、サポート体制を確立するために設立されました。

PTC(NASDAQ:PTC)について

PTCは、世界で最も強固なIoT技術を有しています。1986年にデジタル3Dデザインを革新し、1998年にはインターネットベースのPLMを最初に市場に送り出しました。今では、当社の世界をリードするIoTとARのプラットフォーム、ならびに現場で立証されたソリューションは、フィジカルおよびデジタルの世界において製品を開発し、運用・サービスを行う方法を一新させました。PTCとともに、世界の製造業者やパートナーおよびデベロッパーのエコシステムは、今日のIoTの有用性を利用し、将来の革新をもたらすことができます。
PTC.com   @PTC   Blogs

PTC、ThingWorxおよびPTCのロゴは、PTC社あるいは米国および他の国での子会社の商標あるいは登録商標です。

ANSS-T

Contact

Media:
Amy Pietzak
724.820.4367
amy.pietzak@ansys.com

Investors
Annette Arribas, CTP
724.820.3700
annette.arribas@ansys.com

お問い合わせ・資料請求・資料ダウンロードのお申し込みはこちら

お問い合わせ・資料請求
お問合せ

本ウェブサイトでは、お客様により便利にご覧いただくために、Cookie(クッキー)を使用しています。 本ウェブサイトをご利用する場合、お客様には当社のCookie ポリシーに同意していただきます。これに同意できない場合には、お客様のブラウザの設定でクッキーの機能を無効にしていただきますようお願いいたします。